ソラーレホテルズアンドリゾーツのサービス一覧

SERVICEサービス

チサンの朝食

ごはんを美味しく。さらに、もっとのご朝食。CHISUN HOTELS


朝おでん、はじめました。

 

今回のGood Rice Morning新メニューは寒い季節に食べたくなる「おでん」です。

朝からおでん?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、体が温まり、一日の活力を養う朝食におでんはぴったり。

各地方ごとにだしや具材、食べ方等々、さまざまなバリエーションがあることご存知ですか?

その土地のおでんをその土地のホテルで!

おいしいごはんと一緒にご用意しております。

 

sapporo

生姜風味の甘辛「みそだれ」でいただく、おでん

北海道内で「おでん」と言えば生姜風味の甘辛「みそだれ」をつけていただくのが主流でした。今も雪まつりの飲食店では定番品として味噌だれおでんが提供され寒冷地ならではの風味で観光客を喜ばせています。その味を朝食で再現。

道東産昆布だしにほっけと鮭のすり身焼ちくわや北海道産大根とふきを、北海道産米味噌だれでお召し上がりください。

utsunomiya

だしがしみ込んだ、味わい深い「巻湯葉」

栃木の名産に、香り高い昆布とかつおのだしがしみ込んだおでんは、お腹にやさしく、朝食におすすめです。豆乳から二重に引き上げる「湯波」は、1枚1枚にボリュームがあり、柔らか。
その湯波が丁寧に巻き込まれた「巻湯波」にはだしがたっぷりしみ込んで味わい深い一品に仕上がっております。

また、ご当地名産「鹿沼蒟蒻」は歯ごたえも良く、食べごたえがあり、食感をお楽しみください。
また、栃木県が生産量日本一を誇る干瓢は、食物繊維とミネラルが豊富で、その干瓢で結んだ巾着と地元産大根を食べるとほっこり体が温まります。

nigata

新潟の定番「車麩」をおでんで

新潟地元料理の定番「車麩」はおでんにも欠かせない一品。

もちもちとした食感はもちろん、どんな味でもしっかりしみこみ、噛みしめるほどに口の中で香りが引き立ちます。

その車麩をよりおいしくするのは、大根や人参、蓮根の地場野菜、そして旨みたっぷりの牛蒡巻き、焼き竹輪、野菜揚げ。玉こんにゃくの歯ごたえもお楽しみください。

新潟のおいしいごはんとの相性も抜群です。

hamamatsucho

旨みたっぷりのあさり串を入れた江戸前おでん

日高昆布だしにたまり醤油のこくがきいた関東風の汁に、あさり串を入れた江戸前おでん。だしがはんぺん、ちくわぶや大根などの具材にしみ込んで、口の中にあさりの旨みが広がります。

醤油だしであっさりしていて、やさしく体にしみわたる美味しさ。ごはんがどんどん進むおでんです。

nagoya

八丁味噌がしみ込む、名古屋の味

食文化が豊かな名古屋では、薩摩揚げの一種「赤棒」がおでんには欠かせません。

その地元で愛されている赤棒と地場野菜を昆布だしで煮込み、これも名古屋の味「赤味噌」をベースにしたタレにつけて食べるご当地おでん。

味噌の風味とごはんの相性が抜群です。朝おでんで名古屋の味をご堪能ください。

kobe

生姜醤油が決め手の「姫路おでん」

兵庫県のご当地おでん「姫路おでん」は生姜醤油でいただきます。

お肉の美味しさが味わえる牛スジと生姜の風味が絶妙な美味しさを演出。

牛蒡店やいた蒟蒻などおでん定番の具材も生姜醤油で食べるとまた違った美味しさです、地場の大根からにじみ出る旨みも逃さずお召し上がりください。

生姜が体を温め、朝にぴったりのおでんです。

hiroshima

牡蠣と昆布だしの旨みが広がる、広島のおでん

広島といえば牡蠣!牡蠣のすり身を天ぷらにした「牡蠣の握り天麩羅」が入っているおでんはうまみたっぷり。

広島県産庄原だいこんは色白で甘みがあり、口に含むと牡蠣と昆布だしのうまみがあふれ出て、やみつきになります。

朝から体が温まり、一日の活力源に。ごはんとの相性も抜群です。

この機会に、ぜひチサン ホテル 広島でおでんをご賞味ください。

nagasaki

長崎の練り物満載、ご当地おでん

あご(飛び魚)の甘めのだしに、長崎らしい練り物満載のご当地おでん。

「わらすぼ」という平戸名物の鰯の蒲鉾をはじめ、ちゃんぽんや皿うどんに使われている「はんぺん」、長崎近海で捕れる魚を使用した「半月」など、だしの旨みが染みこんだ具材をぜひご賞味ください。

大根など、その時期に取れる長崎地場野菜と一緒に、長崎の味を堪能できます。

Good Rice Morning 提供ホテルの予約はこちら

エリア選択
ホテル選択
1室人数
/

空室検索

PAGETOP