チサンホテル・ロワジール ホテル等を運営する、ソラーレホテルズアンドリゾーツの採用情報

SOLARE PEOPLEソラーレピープル

ソラーレで働くホテルスタッフ

全国のソラーレホテルは、多様な分野で主体性を持って働く多くのスタッフによって支えられています。ソラーレピープルではソラーレで活躍しているスタッフの姿を紹介します。

 

ソラーレで働くホテルスタッフ

ソラーレで働く社員を紹介します。

 

 

 

宿泊部マネージャー
ある一日のタイムスケジュール
タイムスケジュール

宿泊部マネージャー

お客様はもちろん、従業員の満足度もアップできるようチームをまとめたい

 

これまでの経歴
他ホテルでフロント業務2年経験後、ソラーレグループに入社。
フロントスタッフ5年→アシスタントマネージャー2年経験後、転勤。
現在宿泊部マネージャーを担当。

 

 

現在の職務内容
主に以下を担当しています。

・宿泊部門の売上を上げ利益をだすこと、レベニューマネジメント
毎月の宿泊部門の予算達成をさせる為、毎日の予約状況を確認するとともに日毎・月毎の予測をし、どのような戦略で部屋を販売するか決めています。

・顧客満足度アップ
お客様アンケートに記入いただいた良い点・悪い点をきちんと受け止めます。
いただいた内容を自分の目で確認するとともにお客様目線で考え、チームの意見も取り入れ、ソフト・ハード面への改善・向上を目指し顧客満足度につなげていきます。

・従業員満足度アップ
従業員満足度と顧客満足度は比例する、従業員の満足度が上がれば顧客満足度も上がると考えています。一緒に働いているスタッフへの気遣いができずにお客様への気遣いはできません。接客をするとどのような思いでお客様を受け入れようとしているか、気持ちは必ず伝わるものです。一緒に働いている部下・他部門スタッフとの良い環境・良い気持ちのつながりを作れるよう、コミュニケーションを大切にしています。

・フロント業務の向上・チームとしてのスキルアップ
業務について改善できること、こうした方が効率良いと思うところ、一つ一つの業務を行うのには必ず意味があるということを常に考え業務にあたるようスタッフには声かけをしています。
そして、疑問に思うところ、現状よりも改善できると思うところを月一回行っているフロントミーティングで話し合い、意見をまとめ業務の向上につなげています。改善できる箇所は指摘し合い、良い箇所は褒め合えるチーム作りを目指しています。
また、ホテル内で定期的に行っているトレーニングにより、一人ひとりのサービスレベルのバラつきが出ないよう、サービスの均一化・チームとしてのスキルアップを図っています。

 

 

不安がやりがいに
現在のポジションを任命された際は、新しいポジション・環境が変わることへの不安と、なりたかったポジションを与えられたことへの嬉しさ半分ずつでした。実際に着任し仕事を進めていくなかで不安と感じていたことが全てやりがいへと変わりました。今まで経験をしてきた業務プラスマネージャーという仕事を身につけられること、まさにやりたいと思っていたことをやらせて頂いているので毎日が勉強です。

 

 

ひとつの部署をまとめる難しさ
今までは意見を述べるだけの立場でしたが、意見を述べさらにそれらをまとめる立場へと変わりました。
自分の経験を基にしながらもスタッフから出てくるいろいろな見方や考え方もポジティブに受け取り、お互いに理解しあえるチームを作っていきたいです。

 

 

職場の魅力
市内ビジネスホテルでトップクラスの稼働率を維持している=お客様に支持され続けていると考えています。
宿泊はもちろん・会議室・宴会場の規模も大きく、特徴でもあり魅力でもあります。

 

 

今後のキャリアビジョン
まだマネージャーという職務についたばかりですので、早く慣れて宿泊部門をしっかりまとめていきたいです。総支配人や他部門のマネージャーをはじめ、スタッフと協力し、温かさと活気のあるホテルにしていくことを先ずは考えています。

 

 

 

 

料飲担当・社内認定トレーナー
ある一日のタイムスケジュール
タイムスケジュール

料飲担当・社内認定トレーナー

教わる立場から教える立場へ

 

これまでの経歴
新卒入社後、一貫して料飲部門を担当しています。

 

 

 

なぜホテル業界に興味を持ったか
学生時代はドーナツショップでのアルバイトに打ち込みました。近所だからという理由で始めたアルバイトでしたが、初めて夢中になれるものを見つけました。サービストレーナーとして、新人スタッフの教育やより良いお店作りに励みました。接客の楽しさを知り、自分が成長していくのを感じ、充実した時間を過ごすことができました。
ホテル業界に興味を持ったのは、アルバイトを通して「サービスをもっと極めていきたい!」と思ったからです。私の接客でお客様を笑顔にし、喜んで帰ってもらえたら幸せだなと思いホテル業界であればそれができると考え入社しました。

 

 

 

料飲の仕事内容
現在、主に以下業務を担当しています。

・ホールサービス(主にランチ・ディナーの時間帯)
・在庫管理、発注業務
・メニュー作成(当月のコース料理等の内容を料理長からもらい、お客様用のメニューを作成)
・ホテル内トレーニング(社内認定トレーナーとなっています。社内認定トレーナーは事前に講座を受講した上で、Webテスト・小論文・実技試験の全てをクリアした場合のみ合格と認定されます。)
・新卒社員OJT(On the Job Training)トレーナー

 

 

 

お客様・スタッフとのコミュニケーション
お客様が笑顔で帰っていく姿をお見送りしている時が、大好きな瞬間です。
帰り際のお客様の表情を見て、「お食事は美味しかったのかな、私たちの接客はどう感じたのかな」といつも考えます。その時に「美味しかったよ、ありがとう」と言われると、本当にほっとします。そのお客様の笑顔が見たくて、私はこの仕事に就いたのだ、といつも初心を思い出させてくれます。
また、入社して苦労したのは人とのコミュニケーションのとり方です。入社当時はもちろん私より年上の方ばかりなので、社会人としてのマナーや言葉遣いに気をつけました。しかし、皆に同じ対応や言葉遣いをしているだけでは上手く伝わらないことがあると感じました。
同じ職場で働くスタッフも、お客様と同じです。一人一人その人に合った言い方、相手の気持ちを考えて接するようになりました。ホテルは多くの部署があるので、たくさんの人と出会うことが出来ます。誰かとのふとした会話から学ぶことがあり、毎日が勉強です。

 

 

 

職場の魅力
社会人になって初めての会社・職場です。右も左も分からない私でしたが、スタッフやお客様に支えられながら本当に多くのことを学んできました。
私を成長させてくれた場所です。

 

 

 

休日の過ごし方
岩盤浴に行きます。思いっきり汗をかいて、好きな雑誌を読みながらのんびりするのが好きです。

 

 

 

今後のキャリアビジョン
入社して6年以上が経過し、教わる立場から教える立場へと変わってきました。私は今、社内認定トレーナーとしてホテルスタッフのサービス向上のため、人材教育に力を入れています。小さな心遣いができるスタッフが増えるようにと、自ら手本となる行動を心掛けています。今の課題はサービスの統一化と皆が切磋琢磨できる環境作りです。少しずつ成長していく後輩や周りのスタッフを刺激に、私自身も指導する立場として成長していきたいと考えています。地元でまず名前を挙げていただけるような、地域一番のホテルを目指していきたいです。

 

 

 

 

宿泊部スタッフ
ある一日のタイムスケジュール
タイムスケジュール

宿泊部スタッフ

最前線と裏方の両方に携わり、ホテル業のトータルなやりがいが見えてきました

 

これまでの経歴
新卒入社後、広島のホテルで約2年半宿泊業務に携わり現在のホテルに転勤。転勤後は宿泊業務に加えてホテル運営に関わる業務を一部担当しています。

 

 

 

なぜホテル業界に興味を持ったか
学生時代は友人とのイベント企画や海外旅行、ならびにそのためのアルバイトに打ち込みました。海外旅行で様々な国のホテルやゲストハウスに宿泊しおもてなしを受けたことで、いつか私も旅行者に向けて素晴らしいサービスを提供できる人間になりたい、と思ったのがホテル業界に興味を持ったきっかけです。また、学生の本分である勉強もおろそかにならないように取り組みましたが、自分の好きなことに集中できたことで「早く社会人になって、仕事で世の中に貢献したい」という強い志を持って卒業することができたので、よかったと思っています。

 

 

 

宿泊の仕事内容
現在、主に以下業務を担当しています。

・宿泊業務全般
チェックインやチェックアウト、予約業務が中心です。直接お客様と対面する最前線としての業務なので接客が好きな私にとっては非常にやりがいがあります。
また、残室状況や近隣ホテルの値動き・気象情報やイベントスケジュールを把握しながら、ホテルの宿泊売上の最大化を図った客室販売を行うことも重要な業務のひとつです。

・客室品質の向上
社を挙げて取り組んでいるプロジェクトの一環で、清掃方法の改善や客室設備維持のための管理を行っています。私たちの商品である客室を常に最高の状態で提供できるように日々議論と試行錯誤を重ねています。

・契約や申請などの手続
ホテルを運営する上で必要な関連業者との取引の契約手続や官公庁への申請手続など、お客様からは直接見えない業務も担当しています。事務的なやり取りが多く地味ですが、より良いサービスをお客様に提供するために必要十分な土台づくりとなる重要な業務です。

 

 

 

マルチタスクならではのやりがいと苦労
最前線の業務と裏方の業務を担当することで、ホテル業のトータルなやりがいが見えてきました。ひとつひとつの業務がお客様の満足に繋がることを考えると、どんな業務でも責任感を持って頑張ろうという気持ちになります。
一方、客室品質を向上させるためのプロジェクトでは、社内の部署との連携や社外の業者との交渉を経るとともに、現場で働くスタッフの意見を充分に取り入れた上で成果を残さなければならないので、それらひとつひとつをまとめあげるのに苦労しました。
すべてのスタッフ・関係者のサポートがあって私たちの仕事は成り立っているということを強く実感しました。

 

 

 

職場の魅力
現在所属しているホテルは宿泊サービス特化型のシンプルなホテルであるだけに、細やかなおもてなしや些細なミスといったサービスの質が良くも悪くも非常に目立ちます。その分私たちの努力がお客様の満足度・ホテル全体の価値の向上にダイレクトに結びつくので、ホテルビジネスとしての本質的な魅力が溢れる場所だと考えています。

 

 

 

休日の過ごし方
スポーツジムに通ったり、友人と出かけたりすることが多いですが、自宅でゆっくり過ごすこともあります。生活にメリハリをつけて、リフレッシュするように心がけています。

 

 

 

今後のキャリアビジョン
私たちがやっていることはボランティアではなくビジネスであると意識した上で、お客様にもスタッフにも地域にも愛される、価値あるホテルの運営に今後も携わり続けたい、と考えています。

 

PAGETOP