旅好き女子が贈るトラベルレポート | 女子旅

A Wonderful Travel -旅好き女子が贈る、トラベルレポート-

修善寺の旅 情緒溢れる竹林と修善寺川のせせらぎで心を洗う

writen by Naoyo Madison Update 2013/12

お天気に恵まれた休日、ふらっとどこかに出掛けたくなる。
そんな時に訪れる、私の定番は ”修善寺”。

修善寺は、近くの“箱根”や“伊豆”ほど観光地化されていなくて、いい具合に小ぢんまりしている。
そして、至る所で目と耳を楽しませてくれるのが、修善寺川の水のせせらぎ。
清流の音と、竹や紅葉などの緑たっぷりの自然に癒されます。

それでは、しっとりとした風情で魅力たっぷりの、“修善寺”を紹介します!

修善寺の中心街で、まず目に飛び込んでくるのは、修善寺川(別名:桂川)とその中にある“独鈷の湯”。

独鈷の湯を出たら、そのまま川沿いに細い路地を抜けて、“結ばれ橋”の別名をもつ、縁結びの橋“桂橋”へ。

橋を渡ると、右手に“竹林の小径”。
ミシュランのグリーンガイド、“ギド・ヴェール”で2つ星を獲得しているだけあり、とっても素敵。

そして、帰り道には、修善寺名物を 使ったこんな意外スイーツにチャレンジしてみるのもいいかも!?
その意外なスイーツとは…、
こちら!!

それから、修善寺観光で欠かせないのが、地名の由来ともなっている“修禅寺”。

参拝と言えば、忘れてならないのが、手口のお清め。
さすが温泉で有名な修善寺だけあって、こちらの手水舎にもナント!飲水可能な温泉が。
贅沢〜!

さて、修禅寺の中心街を満喫したら、少し足をのばして、天城方面へ。

どうしても訪れたいのが、今話題の“東府や”さん。

予めお食事を予約してもいいけど、気軽に行くなら、おしゃれで美味しいベーカリーカフェ(しかも足湯あり!)がオススメ。お腹が一杯になったら、川や滝もある自然いっぱいの広大なお庭で、のんびり休憩を。

東府やさんの近くには、梅林(時期によっては、梅祭りや梅狩りも楽しめる)、東京ラスクのファクトリー、地元野菜の直売所、更には幸運になれそうな黄金のしいたけの足湯などもあるので、時間の余裕にあわせて立ち寄るのも楽しい。

観光が一段落したら、近くの日帰り温泉で疲れを癒せば、満足度がさらにアップ!

四季折々の表情が楽しめる修善寺は、落ち着いた雰囲気で、素敵な魅力ががギュッとつまっています。
日帰り温泉に隠れ家的なおしゃれ旅館もあるので、日帰りでも泊まりでも、デートでも女子旅でもオーケー。
どんな時に誰とでも気軽に楽しめる、とっておきのオススメです!

Traveller

マディソン ナオヨ
Madison Naoyo

Shizuoka
ファッション・ジャーナリスト

インポートブランドのバイヤーを経て、ジャーナリストに。ロンドン、パリ、東京コレクションのランウェイレポートやインタビュー記事などを手がける

Destination
伊豆/修善寺
Category
伊豆 修善寺 わさび ソフトクリーム 足湯 東府や 梅林 独鈷の湯 竹林の小径 天城

PAGETOP