仕事が目的の出張でも空いた時間を使った楽しみ方をお教えします!

syuchou_go_c

 

どこへ行くか?は最も個性が出ます。その土地の郵便局や動物園、とにかくレトロな建物を見に行く…など。

それぞれのこだわりが満載。

 

善光寺郵便局

zenkouji_cp_bt_go_1504

郵便局めぐり

普段郵便局へは手紙やはがきを出したり、切手を買う、という用事でしか行かない方も多いところ、出張へ行ったら「郵便局」をめぐる、という方もいました。

日本全国には観光名所にもなっている郵便局もあります。長野県長野市にある「善光寺郵便局」は、1932年(昭和7年)に作られた「五明館」という旅館を改装したもので、郵便局として現在も使われています。

善光寺という古い町並みに馴染んだノスタルジックな木造2階建ての外観は、元旅館と言われると納得。郵便局とは思えない、ついつい立ち止まって写真を撮ってしまいたくなるような佇まいです。

 

「善光寺」近辺には、寺町らしいレトロな建造物が散在しています。出張へ行ったらぜひその町の変わった「郵便局」を探して行ってみるのも楽しいかもしれません。

 

 

【施設情報】

〒380-0841 長野県長野市長野大門町515

六本木ヒルズ

roppongihills_cp_bt_go_1504

左から、ルイーズ・ブルジョア 「ママン」 2002年 巨大なクモが目を引く。イザ・ゲンツケン 「薔薇」 2003年 六本木ヒルズの「愛と美のシンボル」としてそびえ立つ。

出張でどれだけアートに出会えるか?都会で現代アートを探す!

出張中に、アートを探して美術館や博物館へ行く方もいます。

地方にも、たくさんの素敵な美術館やアート作品がある中、東京へ出張の際にはぜひ行ってみたい「六本木アート・トライアングル」。

国立新美術館、ミッドタウンの中にあるサントリー美術館、六本木ヒルズの中にある森美術館の3館は、「六本木アート・トライアングル」と呼ばれ、六本木界隈のアートの拠点として賑わっています。

特に、六本木ヒルズには、「パブリックアート&デザインプロジェクト」という、六本木を東京の文化の中心にしよう!というプロジェクトにより、敷地内に世界的なアーティストによるモニュメントや像が20点以上点在しています。六本木のランドスケープとも融合しており、写真スポットとしても。

六本木ヒルズ、ウェストウォーク3F「六本木ヒルズアート&デザインストア」では、見るだけでなく、文具やインテリアなど実際に使える「アート」を販売しています。

ここでしか買えない出張のお土産を探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

【施設情報】

〒106-6108 東京都港区六本木6丁目10−1

[ 営業時間 ]
ショップ: 11:00~21:00 レストラン: 11:00~23:00
※営業時間については変更となる場合がございます。予めご了承ください。

[ TEL ] 03-6406-6000(代表)

アクセス:東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)

都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分

都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分

東京メトロ 南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩8分

東京メトロ 千代田線「乃木坂」5出口 徒歩10分

六本木ヒルズ 公式ホームページ

大正湯

taisyouyu_1_cp_bt_go_1503

函館出張にはぜひ行ってみたい!創業100年のレトロな銭湯へ。

出張へ行くと近くの温泉を探して入るのを楽しみにしている人も多いようですが、「お湯好き」の方の中でもあえて「銭湯」を探して行く人もいるようです。

例えば、北海道函館市にある「大正湯」。大正3年(1914年)創業で、平成26年で100年の函館市の銭湯。

昭和3年に立て替えられた現在のピンクの建物は、レトロな和洋折衷様式で函館市景観形成指定建築物です。浴室は改装していますが、脱衣所は建築当時のまま。ロッカーはなく、昔懐かしい湯かごを使用。

また、この「大正湯」は、数年前に公開された映画「パコダテ人」の主ロケ地として使われていることもあって、1つの函館観光スポットになっているそう。

全国的になかなかお目にかからなくなった「銭湯」。出張のときだからこそ、銭湯を探してお風呂に入ることを密かな楽しみにするのもいいですね。

 

 

【施設情報】

北海道函館市弥生町14-9

[ 営業時間 ] 15:00〜21:00(日曜日は20:00)

[ TEL ] 0138-22-8231

[ 駐車場 ] 無 定休日:月・金

大正湯 公式ホームページ

PAGETOP