仕事が目的の出張でも空いた時間を使った楽しみ方をお教えします!

syuchou_see_c

 

歴史的建造物、スポーツの試合…など。何を「見にいくか?」は人それぞれ。

志向により、かなりマニアックでバリエーション豊かなものも。

大浦天主堂(長崎県)

oourahp_1_cp_bt_1504

oourahp_2_cp_bt_1504

出張の楽しみは古い教会を探すこと。訪れた街に古い教会があると聞いたら
ぜひ足を運んでみたい。

出張へ行ったら古い教会を探して訪れることを楽しみにしている方がいます。

 

長崎県の「大浦天主堂」は、幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中にある、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会堂です。聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもあります。

 

この教会は直前に列聖されたばかりの「日本二十六聖殉教者」に捧げられました。西坂の丘で殉教した二十六聖人へ祈りを捧げるために建てられたため、正面は西坂の丘に向けられています。

 

設計指導者はフランス人宣教師のフューレ、プティジャンの両神父で、施工は天草の小山(こやま)秀(ひで)です。元治元年(1864)末に竣工し、翌年2月に祝別されました。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない劇的な「信徒発見」の舞台となりました。

明治8年(1875)と同12年(1879)の増改築により、平面形式と外観デザインも変容し、外壁も木造から煉瓦造に変更されましたが、内部空間の主要部には創建当初の姿が温存されています。

 

また1933(昭和8)年に国宝となるが原爆で被害を受け、1953(昭和28)年、日本最古の教会堂として国宝に再度指定されました。

 

2015年1月に日本政府より、この大浦天主堂を含む「長崎の教会群とキリスト教関連遺産(長崎県、熊本県)」を世界文化遺産に推薦することが正式に決定され、2016年のユネスコ世界遺産委員会で登録の可否が審議される予定です。

 

世界遺産になる前に、ぜひ一度足を運んで見てはいかがでしょうか。

 

 

【施設情報】

〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5-3 (map)

[ 営業時間 ] 通年無休8:00~17:45(閉館18:00)

[ 入場料 ] 大人300円、中・高校生250円、小学生200円

[ アクセス ] JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統正覚寺下行きで7分、築町電停で長崎電気軌道5号系統石橋行きに乗り換えて6分、大浦天主堂下電停下車、徒歩6分

 

出典元:ながさき旅ネット

 

Zepp ブルーマンシアター六本木

blue-theater_1_cp_bt_see_1503

六本木、麻布十番から徒歩圏内なので、アクセス良好な立地。

blue-theater_2_cp_bt_see_1503

約900席の小さ目な劇場なのでアットホームな雰囲気。話題の演目も楽しめる。

さまざまな演目が集中する東京六本木。気分はニューヨークのブロードウェイ。1人でもふらっと行けるシアターで演劇鑑賞。

「Zepp六本木ブルーシアター」は2007年、アジア初上陸の「ブルーマングループ」専用劇場として誕生。

以来、ブルーマンブループ東京公演の4年にも渡るロングラン後は、マイケル・ジャクソンの世界最高のトリヴュートショウとして名高い「スリラーライブ」も上演。

また最近ではエンターテイメントの新興勢力である韓国から、ノンバーバルパフォーマンス「アクションドローイングHERO」や、数々のミュージカルを上演するなど、世界各国のライブ・エンターテインメントを供給し続けています。

このシアターの特徴は、ニューヨークのブロードウェイのように当日思い立った時に、誰でも公演を見られるよう当日券も販売していること。そして約900席というコンパクトな劇場なので、舞台との近く迫力満載なのも魅力。何と言っても東京は世界中から様々な公演やライブパフォーマンスが集中する町。

アートの街東京“六本木”で、出張の空いた時間に1人で演劇鑑賞…という大人の過ごし方もオススメです。

 

 

【施設情報】

〒106-0032 東京都港区六本木5-11-12 (map) 

[ TEL ] 03-5414-3255  [ FAX ] 03-5770-7816

[ アクセス ] 東京メトロ六本木駅3番出口より徒歩12分、南北線・大江戸線麻布十番駅7番出口より徒歩7分

PAGETOP