ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのプレスリリース

Press Releaseプレスリリース

泊まって社会貢献、盲導犬育成支援プランの販売をスタート

2010.11.18

 

チサン ホテルやロワジールホテルなど全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:A.G. ヴィリリ、 http:// www.solarehotels.com)は、2005年より続けている財団法人日本盲導犬協会への支援の一環として、自動的にご宿泊料金から200円が盲導犬育成のための募金として同協会へ寄付される、「盲導犬育成支援プラン」を、11月15日より、全国63軒のホテルで販売を開始します。

財団法人日本盲導犬協会によると、現在、日本国内では約965頭の盲導犬が実働している半面希望者数は約8,000人と、まだまだ盲導犬の数が足りていないのが実情です。盲導犬を一頭育てるには約300万円かかると言われており、その大部分を寄付に頼っています。また、幼少期の子犬を一般家庭で育てるボランティア「パピーウォーカー」の慢性的な不足が深刻化しています。当社では、このような現状を少しでも改善したいという思いから、ホテルチェーンとして宿泊料金に募金を組み込んだ宿泊プランを実施するものです。

「盲導犬育成支援プラン」をご利用いただいたお客様には、チェックイン時に財団法人日本盲導犬協会の活動概要を記載したリーフレットをお渡しいたします。また、12歳以下のお子様がご利用された場合は、当社のオリジナル盲導犬育成支援グッズをプレゼントいたします。

当社は2005年より盲導犬育成支援プロジェクトをスタートさせ、財団法人日本盲導犬協会を通して、様々な育成支援活動を行ってまいりました。そうした活動のひとつとして同協会に盲導犬候補犬として生まれる子犬のうちの2頭に、“ソラーレくん”、“ソラーレちゃん”という愛称を付け、当社のマスコット犬としてその成長を見守っております。本年も5代目となる盲導犬候補犬“ソラーレくん”、“ソラーレちゃん”の育成を引続き支援しています。また、グループホテルに「補助犬同伴可」ステッカーの貼付や、盲導犬育成募金の為の募金箱を設置しており、募金については過去5年間で約450万円を協会へ寄付しています。その他、盲導犬支援の大切さを伝えるために対消費者、対従業員向けの講習会をはじめとしたさまざまな啓蒙活動を継続的に行うなど、今後も積極的に推進していく予定です。
「盲導犬育成支援プラン」の概要は以下の通りです。

【対象宿泊期間】

2010年11月15日~2011年5月31日(宿泊分)

 

【対象ホテル】

全国の「チサン」「ロワジール」ブランドホテル全63軒

 

【内容】

1泊1部屋分200円の募金を含んだ宿泊パッケージ
お子様(12歳以下)がご利用いただいた場合、当社オリジナル盲導犬 グッズをもれなくプレゼントいたします。

 

【一般のお客様からのお問い合わせ】

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ 予約センター
TEL: 03-6402-7120 9:00~18:00 (土・日・祝日休)
⇒各ホテルの電話 番号もお問合せください。

 

icon_pdf1

PAGETOP