ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのプレスリリース

Press Releaseプレスリリース

栃木県真岡市と静岡県藤枝市で新築ロードサイド型“チサン イン”を開発

2008.03.10

 

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:A.G. ヴィリリ、 http:// www.solarehotels.com)は、本年春より、栃木県真岡市および静岡県藤枝市において、ロードサイド型ホテル「チサン イン」の建設をそれぞれ開始します。

「チサン イン 真岡インター」は、栃木県内での当社のロードサイド型ホテルとして、佐野藤岡インター、宇都宮鹿沼に次いで3店目となります。本年3月15日にオープンする北関東自動車道の真岡インターチェンジから約1.3km、主要国道408号線と真岡市内を結ぶ県道上三川真岡線の結節点に隣接する好ロケーションに位置します。周辺には大手電気メーカーや金属メーカーの工場が入る真岡工業団地が点在しています。また、ユニークなSLの形をした真岡駅は“関東の駅・百選”にも選出され、“SLの町”として知られる他、真岡市周辺に点在するゴルフ場へのアクセスも良く、さらに益子焼きで有名な益子町への観光地ルートであることから、ビジネス利用に加え、観光客の宿泊需要が高いものと見込んでいます。

静岡県初進出となる「チサン イン 藤枝」は、東名高速道路、焼津インターチェンジから約2.2km、2012年供用開始予定の第二東名高速道路、藤枝岡部インターチェンジから約2km、藤枝バイパス広幡インターチェンジから500mに位置し、国道1号線に面しています。同エリアは、藤枝バイパスから焼津インターチェンジを結ぶ県道焼津森線との結節点に隣接する交通の要所で、焼津市と藤枝市の中間に位置し、周辺には藤枝金属工業団地、藤枝岡部工業団地などが点在しています。また藤枝市はサッカーの町としても知られ、スポーツ施設が充実し、合宿や大会等の利用にも便利なことから、ビジネスだけでなく、イベントやスポーツでの需要が期待できます。

当社では積極的に同カテゴリーのホテルの開発に取り組んでおり、2009年初夏には30軒をオープン、2010年までに50軒以上の開発を目指しています。

ロードサイド型ホテルの特徴および新たに建設するホテルの概要は以下の通りです。



【参考資料】

ロードサイド型ホテルの主な特徴

 

ロードサイド型ホテルとしては最大級のユニットバスを採用、ユニットサイズ1418型(1.4×1.8m)で足を伸ばせるゆったりサイズ
ベッドは140-160cm幅のダブルサイズ、3名までご利用可能なバンクベッド付客室あり
全ての部屋にインターネット対応のブロードバンド設備
すばやいチェックイン、チェックアウトが可能な自動精算機の導入
ユニバーサルルーム、ユニバーサルトイレ(ロビー)
客室の半数が禁煙ルーム
大人2名と一緒に宿泊の12歳以下のお子様は無料


新築ホテルの概要

◆「チサン イン 真岡インター」
【所在】栃木県真岡市長田187-5 【オープン】2009年4月(予定)
【ホテル概要】 98室(ユニバーサルルーム1室含む)、地上5階建て、駐車場71台
敷地面積:2,966.33平方メートル、延床面積:2,095.00平方メートル

◆「チサン イン 藤枝」
【所在】静岡県藤枝市横内993番5 【オープン】2009年3月(予定)
【ホテル概要】 92室(ユニバーサルルーム1室含む)、地上4階建て、駐車場46台
敷地面積:2,154.78平方メートル、延床面積:1,968.79平方メートル

 

チサンイン真岡インター
チサンイン真岡インター
チサンイン藤枝
チサンイン藤枝

PAGETOP