ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのプレスリリース

Press Releaseプレスリリース

8軒目のロワジールブランド 『ロワジールホテル 函館』 誕生

2008.02.18

 

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:A.G. ヴィリリ)は、2007年3月30日より当社が運営を行なっている「函館ハーバービューホテル」の名称を本年4月24日、「ロワジールホテル 函館」に名称を変更いたします。この名称変更により、旭川、上越、厚木、大垣、四日市、長崎、那覇のロワジールホテルに函館が加わり、ロワジールブランドのホテルは全国で8軒となります。

“ロワジール”は、当社が昨年3月28日に導入した新しいブランド・カテゴリーで、「チサンブランド」とインターナショナルホテルブランドの「ソラーレコレクション」に続くホテルブランドです。ロワジールホテルは、“地域色豊かなアップスケールホテル”というコンセプトのもと、宴会場やレストラン、ウェディングにも対応するフルサービスを提供しています。

同ホテルは、JR函館駅より徒歩1分の立地でアクセスも良く、函館観光の人気スポット「函館朝市」に隣接していることから、地域のコミュニティホテルでありながら、観光やビジネス利用のお客様にも便利に使っていただけるホテルです。

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツでは、今後、全国8軒のロワジールホテルブランドの婚礼プランや宿泊プラン、それぞれの地域の特産物をテーマにしたレストランフェアーなどを開発し、これまで以上にお客様へのサービス向上を目指します。また、フランチャイズによる同ブランドホテルの展開にも積極的に取り組んでまいります。

なお、「ロワジールホテル 函館」の誕生を前に同ホテルでは2月後半より、宴会場、和食レストラン、コーヒーショップなどのリノベーションを実施する予定となっています。

「ロワジールホテル 函館」の概要およびロワジールブランドホテルの概要は以下の通りです。

「ロワジールホテル 函館」の概要

【住所】 〒040-0063 北海道函館市若松町14番10号 (TEL: 0138-22-0111)
【開業】 1988年(函館ハーバービューホテル)
2008年4月24日「ロワジールホテル 函館」に名称変更
【総支配人】 金田 幸二
【規模】 地上13階、地下2階建
敷地面積3,073m²、建築面積2,543m²、延床面積13,197m²
【客室】 総客室数200室(シングル94室、ダブル29室、ツイン75室、その他2室)
【施設】 レストラン(和・洋)・バー、宴会場・婚礼付帯施設等
【アクセス】 JR函館本線函館駅より徒歩1分、函館空港よりリムジンバスで約20分

 

ロワジールホテルの概要

【営業中のロワジールホテル】

ロワジールホテル 旭川(265室) 〒070-0037 北海道旭川市7条通6丁目
ロワジールホテル 上越(196室) 〒943-0832 新潟県上越市本町5丁目1-11
ロワジールホテル 厚木(163室) 〒243-0018 神奈川県厚木市中町二丁目13番1号
ロワジールホテル 大垣(98室) 〒503-0905 岐阜県大垣市宮町1-13
ロワジールホテル 四日市(144室) 〒510-0087 三重県四日市市西新地7番3号
ロワジールホテル 長崎(101室) 〒850-0918 長崎県長崎市大浦町2-33
ロワジールホテル 那覇(419室) 〒900-0036 沖縄県那覇市西3-2-1

 

【ロゴマーク】

“ロワジール”は、フランス語で「余暇」を意味し、ロゴのシンボルは“わ”(円形)、「調和」「会話」「環境」の3つの“わ”がキーワードとして含まれています。

 

【特徴】

地域に根ざした、地域色豊かなホテル
バンケット、ウェディングなどにも対応するフルサービスホテル
会議・研修、お食事、パーティ、宿泊などを組み合わせたMICE(Meeting, Incentive, Conference/Convention, Exhibition)の専用プラン「Loisir BIZ(ロワジールビズ)」の導入
日本コンファレンスセンター協会より認定を受けたコンファレンス・コーディネーター、プランナーが在籍
ホテルのロビー用に“ロワジールの香り~All White”を開発、オリジナルの香りでお客様をお迎え

 

ロワジールホテルロゴ
ロワジールホテルロゴ

PAGETOP