ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのプレスリリース

Press Releaseプレスリリース

軽井沢と仙台港で新築ロードサイド型「チサン イン」を開発

2008.02.12

 

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、2008年春より長野県北佐久郡軽井沢町および宮城県仙台港付近において、ロードサイド型ホテルの建設をそれぞれ開始します。

「チサン イン 軽井沢」は、年間780万人の観光客が訪れる国内有数のリゾート観光地である軽井沢エリア内、主要幹線道路の国道18号バイパス沿いに位置します。上信越自動車道碓井軽井沢ICより4.5km、混雑の著しい軽井沢中心部から適度に離れた視認性の高いロケーションとなります。周辺の浅間山や白糸の滝などの観光スポットをはじめ、多数の有名ゴルフ場やスキー場、テニスコートなどスポーツ施設が点在することから、主にレジャーでの利用を見込んでいます。さらに、軽井沢エリアは避暑地として広く知られており、夏季における長期滞在利用も期待しています。当社では、ロードサイド型ホテルの開発を急速に進めており、長野県内では、既にオープンしている「チサン イン 諏訪インター」、「チサン イン 塩尻北インター」、現在開発中の「チサン イン 長野R18」、「チサン イン 佐久インター」に続く5軒目の運営となります。また、同ホテルは、軽井沢町の自然保護条例に適合させた初の2階建てロードサイド型です。

「チサン イン 仙台港メッセ」は、ロードサイド型ホテル「チサン イン」としては、宮城県内では「仙台泉インター」に続き2軒目、グループホテルとしては「チサン ホテル 仙台」を含め県内3軒目となります。三陸自動車道と仙台東部道路を結ぶ仙台港北ICから約900mの仙台港背後地内、特定重要港湾に指定されている仙台港から1.2km、JR多賀城駅にも近い宮城野区に位置します。仙台港周辺には、仙台印刷工業団地や大手製紙メーカーや電気メーカーの工場が港を取り囲むように密集しています。また、近隣には大規模展示場の“夢メッセみやぎ”や東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「フルキャストスタジアム宮城」、日本有数のサーフィンスポット、さらに隣地に大型の商業施設(仙台港アウトレットパーク)が2008年秋に開業予定で、ビジネスおよびレジャー双方の利用を見込んでいます。また、至近のフェリー乗り場は年間14.4万人の観光客が下船することから、外国人旅行者の需要も高いと期待しています。

当社では積極的に同カテゴリーのホテルの開発に取り組んでおり、本年1月には10軒目がオープン、さらに現在、開発中・建設中の同型ホテルは、今回新築する2軒を加え、18軒となります。今後もロードサイド型ホテルの開発に取り組み、2010年までにはフランチャイズ契約の運営も含めて少なくとも50軒(4,700室)の同型「チサン イン」の開発を目指しています。

【参考資料】

 

ロードサイド型ホテルの主な特徴

 

ロードサイド型ホテルとしては最大級のユニットバスを採用、ユニットサイズ1418型(1.4×1.8m)で足を伸ばせるゆったりサイズ
ベッドは140-160cm幅のダブルサイズ、3名までご利用可能なバンクベッド付客室あり
全ての部屋にインターネット対応のブロードバンド設備
すばやいチェックイン、チェックアウトが可能な自動精算機の導入
ユニバーサルルーム、ユニバーサルトイレ(ロビー)
客室の半数が禁煙ルーム
大人2名と一緒に宿泊の12歳以下のお子様は無料


新築ホテルの概要

◆「チサン イン 軽井沢」
【所在】長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉 【オープン】2008年12月(予定)
【ホテル概要】 90室(ユニバーサルルーム1室含む)、地上2階建て、駐車場90台
敷地面積:4,233.82平方メートル、延床面積:1,895.43平方メートル

◆「チサン イン 仙台港メッセ」
【所在】宮城県仙台市宮城野区仙台背後地土地区画整理地 【オープン】2009年春(予定)
【ホテル概要】 98室(ユニバーサルルーム1室含む)、地上5階建て、駐車場49台
敷地面積:2,317.36平方メートル、延床面積:2,095.00平方メートル

 

チサンイン軽井沢
チサンイン軽井沢
チサンイン仙台港メッセ
チサンイン仙台港メッセ

PAGETOP