東京エリア情報 | 子供から大人まで、驚きと感動に出会える場所へ「日本科学未来館」

TOKYO

東京エリア情報

日本科学未来館

miraikan_3_area_tokyo_1510

miraikan_2_area_tokyo_1510

miraikan_1_area_tokyo_1510

miraikan_4_area_tokyo_1510

miraikan_5_area_tokyo_1510

子どもから大人まで、驚きと感動に出会える場所へ

宇宙飛行士“毛利衛”氏が館長を務める「日本科学未来館」。自分自身で触れ、楽しむことのできる常設展示や企画展をベースに、実験教室やトークイベントなど多彩なプログラムが用意されている。科学コミュニケーターと意見やアイディアを交換しながら、いま世界に起きていることを科学の視点から理解し、これからどんな未来をつくっていくかをともに考え、語り合うことのできる場を提供している。

3階と5階の常設展示を中心に、1階から7階まで面白さがたっぷり詰まっている。

1階のエントランス入ってすぐに目に飛び込んでくる印象的なシンボル展示【Geo-Cosmos】は、1000万画素を超える高解像度で、宇宙に輝く地球の姿をリアルに映し出す巨大なディスプレイ。1階、3階、5階の各フロアから眺めることができる。

3階のキッズゾーンにある【“おや?”っこひろば】は、科学的な“モノの見方”を親子で一緒に体験できる無料スペースとなっている。1回の利用人数を40組程度と決めており、時間で入れ替え制なので、ストレスを感じることなく親子の時間が楽しめる。

全天周立体視映像とプラネタリウムが楽しめる“ドームシアターガイア”は、当日券がすぐ完売してしまう人気のコーナーなので事前の予約がおすすめ!

 

<入館料>
大人    620円
18歳以下 210円
※6歳以下の未就学児は無料 ※土曜日は18歳以下無料(企画展等を除く)

<ドームシアター鑑賞料> 予約制
大人300円、18歳以下100円 ※入場券とセット購入のみ

<企画展>入館料の他、別途料金が必要

 

(取材・文/篠﨑裕美子)

※2015年10月現在の情報です。


日本科学未来館 公式ホームページ


facebook ページ

日本科学未来館 詳細情報

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6 (map)

[ TEL ] 03-3570-9151(代表)

新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩約5分/「テレコムセンター駅」より徒歩約4分、東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩約15分

[ 営業時間 ] 10:00~17:00 ※入館券の購入は閉館30分前まで

[ 定休日 ] 火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)

※施設保守のため臨時で休館日を設ける場合があります

※春・夏・冬休み期間等は火曜日も開館する場合があります

back-bnr-tokyo

PAGETOP