東京エリア情報 | 各地からスイーツファンが訪れる隠れた名店「和菓子処 清野」

TOKYO

東京エリア情報

和菓子処 清野

kiyono_main

kiyono3

kiyono2

kiyono1

kiyono4

各地からスイーツファンが訪れる隠れた名店

季節の和菓子と“南蛮菓子”、すなわちカステラの類が特に人気のお店で、都内各地からスイーツファンが足を運ぶ“隠れた名店”です。1967年の創業以来、半世紀近くの間、蒲田の人々に親しまれています。

定番商品の『梅姫』は、創業者の黒田清孝氏が考案したもので、バターとミルクがたっぷり入ったちょっと洋菓子風のお菓子です。

 

同じく人気商品である『パォン・デ・ロー』は、黒田氏の娘さんであり2代目店主でもある中田春美さんが、ポルトガルにカステラ修行の旅に出た際にカステラの味と一緒に持ち帰ってきた、ポルトガルの伝統的なお菓子です。

 

『昔たまごのどら焼き』は子どもから大人まで幅広い年代の方に人気。また、お団子や豆大福といった年中あるお菓子のほか、桜餅やよもぎ餅などの季節の生菓子もありますし、上生菓子も半月ごとに全部入れ替えているそうです。

 

「これからもずっと、お母さんが子どもたちに食べさせたいと思えるお菓子を、丁寧に精魂込めて作り続けたい」という中田さん。女性視点ならではの優しい素材選びと、父から受け継いだ蒲田の職人気質があったからこそ、“二代目清野”にも数々の銘菓が生まれたのでしょう。

 

(情報提供:itot

※2014年8月現在の情報です。

 

和菓子処 清野 アクセス情報

〒144-0053 東京都大田区蒲田本町1-7-5 

[ TEL ] 03-3731-2320

JR「蒲田駅」東口 徒歩2分

[ 営業時間 ] 10:00~19:00

[ 定休日 ] 日曜日、水曜日

tokyo_return_bnr

PAGETOP