東北エリア情報 | 360度の展望、自然、歴史に恵まれた福島のシンボル「信夫山」

TOHOKU

東北エリア情報

信夫山

shinobuyama_2_area_tohoku_1503

shinobuyama_5_area_tohoku_1503

shinobuyama_1_area_tohoku_1503

shinobuyama_3_area_tohoku_1503

shinobuyama_4_area_tohoku_1503

360度の展望、自然、歴史に恵まれた福島のシンボル

福島市の真ん中にぽっかり浮かぶ、市のシンボル的存在「信夫山(しのぶやま)」。市街地の真ん中にこのような山があるのは全国でも珍しいといえます。

 

信夫山は東の熊野山(くまのさん)、中央の羽黒山(はぐろさん)、西の羽山(はやま)の信夫三山を中心にいくつもの峰から成ります。それぞれの山頂には湯殿神社、羽黒神社、月山神社が祀られており、昔から山岳信仰の山として知られてきました。

 

信夫山一帯は「信夫山公園」として整備され、福島市内を一望できる展望台も設けられています。四季折々の美しい表情を楽しみながら、ハイキングをしたり、のんびり史跡や寺社巡りをしたりと、多くの人々に憩いの場として愛されています。

 

信夫山は福島を代表する花見のスポットでもあります。山全体にヤマザクラを含めて約1,000本といわれるソメイヨシノが植えられ、そのうち200本が信夫山公園に集中しています。毎年4月の開花時期に合わせて「信夫山桜まつり」も開催。花見茶屋や露店が立ち並ぶほか、夜間のライトアップも行われ、昼夜問わず多くの花見客で賑わいます。例年の桜の見頃は4月中旬です。

(情報提供:itot

信夫山 詳細情報

福島県福島市 (map)

[ 観光のお問い合わせ ] 一般社団法人 福島市観光コンベンション協会

福島駅東口案内所 024-522-3265

福島駅西口案内所 024-531-6428

PAGETOP