東北エリア情報 | 殿様がおいしくてご法度にした「はっと」が食べられる「世嬉の一酒造」

東北エリア情報

TOHOKU

世嬉の一酒造

sekinoichi_1_area_tohoku_1509

sekinoichi_4_area_tohoku_1509

sekinoichi_2_area_tohoku_1509

sekinoichi_3_area_tohoku_1509

sekinoichi_5_area_tohoku_1509

殿様がおいしくてご法度にした「はっと」が食べられる

一関地方は、古くから北上山地、奥羽山脈から湧く豊かな水と稲作に恵まれた土地で、社名の由来となっている「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」を志し、酒造りが行われています。

麹室として使われていた場所は見学ができるいわて蔵ビール工場に生まれ変わっており、種類が豊富で質の高いビールが作られています。

また、かつて精米蔵だった石蔵を改装したレストラン「クラストン」は結婚式やパーティーに利用されています。その他にも郷土料理を提供する「蔵元レストランせきのいち」もあり、グルメと観光を合わせて楽むことができます。

「せきのいち」では毎朝餅つきを行っており、9種類の餅と雑煮を入れた「果報もち膳」や、藤原時代の食を再現した「奥州藤原膳」、南部小麦を手で伸ばし鍋にいて食べる「はっと」、うどんに桑の葉をねりこんだ健康的な「桑うどんセット」など、他では味わえない郷土料理も楽しめます。

 

(情報提供:itot

※2015年9月現在の情報です。


世嬉の一酒造 公式ホームページ


世嬉の一酒造 詳細情報

〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42 (map)

[ TEL ] 0191-21-1144

[ 営業時間 ] 9:00~18:00

PAGETOP