沖縄エリア情報 | 戦前の沖縄住居を今に留める、国指定重要文化財「中村家住宅」

沖縄エリア情報『うちなーナビ』

OKINAWA

中村家住宅(ナカムラケジュウタク)

nakamurake
nakamurake1

戦前の沖縄住居を今に留める、国指定重要文化財

中村家住宅は戦前の沖縄の住居建築の特色を、ほぼ完ぺきな形で今に伝える建物で、1972年に国の重要文化財に指定されました。

 

沖縄本島内で、ここまで保存状態の良い住居の例はきわめて珍しく(ほとんどは戦争で破壊されてしまいました)、当時の上層農家の生活を知ることができる貴重な遺構です。

敷地内には母屋、離れ座敷、家畜小屋兼納屋、豚小屋などがあり、高倉では当時の生活を感じさせる民具や農具を見学することができます。

 

さらに、中村家庭園では百数十種の植物が生い茂り、季節によって様々な草木を愛でる楽しみもあります。

自然と一体になった歴史深い建物を訪れ、しばしかつての沖縄の風景・営みにタイムスリップしてみませんか?

 

(情報提供:おきなわ倶楽部

中村家住宅 アクセス情報

〒901-2314 沖縄県北中城村大城106

[ TEL ] 098-935-3500

北中城ICより車で約10分

[ 料金 ] 入場料 大人(一般・大学生)500円、中高生300円、小学生200円

okinawa_bnr

PAGETOP