沖縄エリア情報 | バンタ(崖)から見下ろす、雄大な景色に感動「茅打バンタ」

沖縄エリア情報『うちなーナビ』

OKINAWA

茅打バンタ(カヤウチバンタ)

kayauchibanta
kayauchibanta1

バンタ(崖)から見下ろす、雄大な景色に感動

沖縄には海を見渡せる絶景ポイントがたくさんありますが、本島最北端の辺戸岬近くにある「茅打ちバンタ」は約80mもある断崖絶壁で、足がすくむほどの高さがあります。

崖下から吹きあげる風を受け眼下に目をやると、沖縄本島西海岸の海岸線が南へ続くさまがクッキリ見え、雄大な森と水平線が大地を二分する大自然の絵が圧倒的な力で迫ってきます。

“茅打ちバンタ”という名前は、束ねた茅を崖から投げ込むと、風に打たれてバラバラになったことがその由来だそうです。

そして、“バンタ”とは沖縄の言葉で“崖”という意味。

先人がその場所にたち、茅を投げ込んだり、景色を楽しんだ姿を想像すると感慨深いものですね。

(情報提供:おきなわ倶楽部

茅打バンタ アクセス情報

〒905-1422 沖縄県国頭村宜名真

許田ICより車で約1時間15分

okinawa_bnr

PAGETOP