沖縄エリア情報 |抜群の眺望を誇る、本島中部・勝連半島の「勝連城跡」

沖縄エリア情報『うちなーナビ』

OKINAWA

勝連城跡

抜群の眺望を誇る、本島中部・勝連半島の名城跡

沖縄本島の中部に位置する勝連城跡。

勝連半島の根元の丘陵上に築かれた城からの眺めは絶景で、広大な景色と心地良い海風を全身に感じるのはまた格別です。

城の北西の最高部にある一の曲輪(くるわ)からは、北は金武湾を囲む北部の山々やうるま市の離島、南は知念半島や久高島まで望むことができます。

 

また、勝連城跡といえば、国王に最後まで抵抗した有力按司・阿麻和利(あまわり)の居城として知られます。阿麻和利は人々から慕われ、海外貿易により力をつけた按司で、時の琉球国王尚泰久(しょうたいきゅう)は自分の娘・百十踏揚(ももとふみあがり)を阿麻和利に嫁がせたと伝えられています。

 

2000年に「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」の一つとして、世界遺産に登録されました。

城跡の近くには勝連城跡休憩所もあり、勝連城跡の資料や遺物を見ることができます。

 

 

(情報提供:おきなわ倶楽部

 

勝連城跡 アクセス情報

〒904-2311 うるま市勝連南風原3908

[ TEL ] 098-978-7373

沖縄北ICより車で約20分

okinawa_bnr

PAGETOP