沖縄エリア情報 | 青い海を舞台に繰り広げられるスーブー(勝負)に大盛り上がるハーリー

沖縄エリア情報『うちなーナビ』

OKINAWA

ハーリー

hari1

青い海を舞台に繰り広げられるスーブー(勝負)に大盛り上がり

沖縄の代表的な行事の一つ、ハーリー。爬竜船と呼ばれる長い船の競漕で、航海の安全や豊漁を願い行われてきた、沖縄の伝統的な海のお祭りです。

もともとは旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に行われていた行事で、県内各地域の漁港で開催されてきましたが、現在では5月のゴールデンウィークから8・9月にかけて、沖縄の長い夏の間にわたって広く行われています。

ハーリーの大会は、地元の学校や青年会、会社など、たくさんのチームが参加し盛大に行われますが、中でも見どころは地元ならではのユニークな競漕。勝負の途中で船をひっくり返す「転覆競漕」や、橋の上から漕ぎ手全員が飛び込んでから船に乗り込みスタートするものなど、その内容も各地域によってさまざま。伝統のある地域などでは、大会の前に「御願(ウガン)」の儀式が行われ、厳かな雰囲気の中執り行われます。

そのほか、イベントによってはステージや出店も盛大なので見どころも盛りだくさん。青い空の下、思わず熱くなるハーリーの大会へ一度足を運んでみてはいかがですか?

(情報提供:おきなわ倶楽部

 

ハーリーイベント 開催情報

2014年の大会は下記の日程で開催されました。

・豊見城ハーリー大会

 日/7月20日(日)

 

・うるま市 石川ハーリー大会

 日/7月20日(日)

 

・第36回名護市長杯争奪全島ハーリー大会

 日/8月3日(日)

 

okinawa_bnr

PAGETOP