沖縄エリア情報 | 世界遺産の城跡をバックに、昼夜別の顔を見せる桜「第8回 今帰仁グスク桜まつり」

沖縄エリア情報『うちなーナビ』

OKINAWA

第8回 今帰仁グスク桜まつり

gusuku-sakuramatsuri_1
gusuku-sakuramatsuri_2

世界遺産の城跡をバックに、昼夜別の顔を見せる桜

沖縄に日本一早い桜の季節がやってきました!

「寒緋桜」という種類の桜は、本土で主流の「ソメイヨシノ」とは違い、濃いピンクの花をつけるのが特徴です。

また、花弁はヒラヒラ舞い落ちるのではなく、ポトッと花ごと落ちるのもこの桜を見分けるポイントになります。

本島北部の今帰仁村に位置する世界遺産・今帰仁城跡では、昼は青い空と雄大な海をバックに咲き誇る桜並木が楽しめ、夜はライトアップされた城壁を背に、暗闇の中から幻想的に浮かぶ姿が美しさを際立たせます。

歴史的建造物と自然の美が、これほど見事に融合した空間は貴重で、毎年多くの人が花見に訪れます。

また、写真コンテストも開催されるので、旅の思い出に桜と城跡のベストショットをおさめて、応募してみるのもいいかもしれませんね。

(情報提供:おきなわ倶楽部

第8回 今帰仁グスク桜まつり 詳細情報

[ 場所 ] 今帰仁城跡 (map)

[ 日程 ] 開催中~2月1日(日)

[ 時間 ] 08:00~21:00(ライトアップは18:00~、最終入場20:30)

[ 料金 ] 大人400円 小中高校生300円 幼稚園児以下無料

[ お問い合わせ ] 今帰仁グスク桜まつり実行委員会 0980-56-2256

okinawa_bnr

PAGETOP