近畿エリア情報 | いまも進化を続ける、バル文化の先駆け店。「オリーバ」

KINKI

近畿エリア情報

オリーバ

oliva_1

日替わりのタパス5種類盛り合わせ1,620円、パスタが旨いフィデウアは3,300円(2人前)、スペインビールは630円〜。

oliva_2

落ち着いた雰囲気が漂う店内は、カウンターのほかテーブル席もあり。

いまも進化を続ける、バル文化の先駆け店。

黙々とお料理を担当するご主人と、ワイン好きの奥様2人で切り盛りするスペインバル。

実はスペイン産の生ハムが輸入される前からタパスサーブの現地スタイルを始めた、関西バル文化の先駆者的存在です。

現地へ何度も通いながら進化を続けたメニューは、今やレストランも顔負け。

人気のタパスはもちろん、カタルーニャ沿岸料理のパスタを用いるフィデウアといった郷土料理もスタンバイ。

素材にももちろんこだわり、鮮度抜群の瀬戸内海産鮮魚や明石ダコも登場。

現在も定期的にスペインへと渡り、新たな食材やメニューの開発へと力を注いでいます。

(情報提供:京阪神エルマガジン社

※2014年12月現在の情報です。

 

オリーバ 詳細情報

〒650-0011 神戸市中央区下山手通1-1-12 ローヤルビル2F (map)

[ TEL ] 078-333-6716

[ 営業時間 ] 17:30〜23:30(日・祝〜22:00)

月曜休

近隣ホテル情報

kinki_return_bnr

PAGETOP