北海道エリア情報 | ひたすら守り続ける新子焼の味「やき鳥 狸」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

やき鳥 狸

tanuki_1_area_hokkaido_1508

必ず味わいたい「新子焼」1,450円。

tanuki_2_area_hokkaido_1508

店主の澤田幸一さん。鶏と向き合って半世紀。

tanuki_3_area_hokkaido_1508

店のいたる所にタヌキの置物が並ぶ。

ひたすら守り続ける新子焼の味

店の創業は61年前。2代目店主の澤田幸一さんは叔母が営んでいたこの店に昭和38年から入り、今年で52年になる。名物は鶏の半身を素焼きし、味付けした「新子焼」だ。

生の若鶏に包丁を入れて串を打ち、炭火の上に乗せる。それから20~30分、じっくりと時間をかけて焼いている。味付けは塩、コショウ、酒のみ。時間をかけることで、身の中まで十分に味が回っていく。澤田さんは他の仕事をしながらも、炭火の上の鶏から片時も目を離さない。炭の加減、鶏の位置などを何度も微調整しながら、新子焼に生命を吹き込んでゆく。

「旨いかどうかは、俺じゃなくお客さんが決めること」という澤田さん。一筋の道を歩き続ける人の言葉には、重みがある。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:黒瀬ミチオ

※2015年8月現在の情報です。

やき鳥 狸 詳細情報

〒064-0805 札幌市中央区南5条西3丁目10 ニューすすきのビル1F  (map)

[ TEL ] 011-531-6878

地下鉄南北線「すすきの」駅より徒歩2分

[ 営業時間 ] 17:30~24:00

[ 定休日 ] 日曜・祝日

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP