北海道エリア情報 | 始まりの場所で新たな挑戦。 スープカレーの名店によるルーカレー専門店「Mikazuki Curry SAMURAI. 原点」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

Mikazuki Curry SAMURAI. 原点

samurai_1_area_hokkaido_1512

赤ワイン仕立てのラムカレー 1,100円。仕込み時、約60人分の鍋にはフルボディー赤ワイン8本、ニンジン2kg、タマネギ4kgなどを贅沢に投入する。味付けはスパイス、塩、砂糖とシンプル。ラムの香りとトマトのほのかな酸味がたまらない。ラム肉は塊以外にも、ルーに細かいひき肉が隠れている。

 

samurai_2_area_hokkaido_1512

休業していた期間もあったが、原点としての思い入れからずっと所有し続けたほど大切にされている店舗。アンティーク好きのオーナーがこだわり抜いた内装は、近所の常連客にも好評だ。

samurai_3_area_hokkaido_1512

サファリハットがトレードマークのおしゃれな高橋凛太店長。「もうすっかりルーカレーの虜。お客様の美味しいという声を聞くのが何よりの幸せです」。

始まりの場所で新たな挑戦。 スープカレーの名店によるルーカレー専門店

言わずと知れたスープカレーの名店が、創業の地で新たな挑戦を始めた『Mikazuki Curry SAMURAI. 原点』は、札幌市内のみならず函館、東京など計8店を展開する『路地裏カリィ侍.』のルーカレー専門店だ。

カレーは常時4種と、月替わりメニュー1種。玄米を混ぜたライスと、その上に彩られた自家製ピクルスの相性もばっちりだ。

中でも「赤ワイン仕立てのラムカレー」は水を一切使わず、赤ワインと野菜の水分だけでラム肉を柔らかく仕上げる。どの素材も互いに引き立て合うようにこだわり抜いた調理が光る。ルーカレーでも「野菜をたくさん摂る」という“侍魂”は健在。

トッピングメニューの「1日分の野菜」(200円)を合わせれば、ルーに溶けた分と併せて約350g分の栄養を摂取できる。

美味しくて栄養満点、そんなカレーの原点に立ち戻ろう。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:田名辺篤史

※2015年12月現在の情報です。

Mikazuki Curry SAMURAI. 原点 詳細情報

〒062-0004  札幌市豊平区美園4条2丁目2-31 SDビル1F  (map)

[ TEL ] 011-867-9670

地下鉄東豊線「豊平公園」駅より徒歩10分 

[ 営業時間 ] 11:30〜15:30(L.O.15:00) 17:30〜22:00(L.O.21:30) 

[ 定休日 ] 水曜

喫煙不可 

カード利用不可 P3台店内9席(カウンター5席、テーブル4席)

平均予算/およそ1,000円

 

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP