北海道エリア情報 | 札幌・昭和の空気漂う店内・カウンターに並ぶおばんざいはどれもおすすめの昭和酒場

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

菜 もっきりや

na3
「北あかりの肉じゃが」ほか、各380円。
na1
ズラリと並ぶ日替わりのおばんざい。
na5
〆には「豚そば」600円がおすすめだ。
na6
レトロな雰囲気がたまらない店内。
na4
気さくな人柄の店主、渡部勝之さん。

大皿のおばんざいが待機する昭和酒場

時代に取り残されたように、昭和の空気を漂わせる木造の建物。
ガラリと木のドアを開けると、低い天井から裸電球がぶら下がる店内に、昭和レトロ好きにはたまらない懐かしのホーロー看板、古地図や映画ポスター、昔の喫茶店や旅館のマッチなどが飾られている。
20年前の開店からずっと、夜の帳が下りる頃から酔客達の話し声、笑い声に包まれてきた酒場『菜 もっきりや』。
カウンターに並ぶ大皿のおばんざいに、思わず腹がグウと鳴ってしまう。

 まずは酒肴としてその中から1、2品頼んで、ゆっくりと晩酌時間の始まりを楽しもう。定番人気は「北あかりの肉じゃが」380円。
ほんのり甘い北あかりに優しい醤油味がしみて、ビールも日本酒もすすんでしまう。

 「男が作ってますんで、“おふくろの味”にはなりませんが(笑)」と渡部さん。
いやいやどうしても、おふくろの味と呼ばせていただきたい、手間と愛情を感じる味である。

 酒肴や刺身、炭焼き、一品料理の種類も豊富で、何度来ても飽きさせない。
高度経済成長期、子ども達の憧れだった「ハムカツ」450円なんて懐かしい味にも出会えたり。
店主は気さくで話しやすい人柄なので、一人飲みでも心地よく過ごせそうだ。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:黒瀬ミチオ

 

菜 もっきりや アクセス情報

〒064-0920 札幌市中央区南2条西5丁目仲小路

[ TEL ] 011-219-0515

地下鉄「大通」駅10番出口より徒歩2分

[ 営業時間 ] 12:00~13:30、17:30~翌1:00(L.O.23:00)

日曜休 Pなし

 

●「チサン グランド 札幌」からのアクセス

地下鉄南北線「中島公園」駅より麻生行き乗車、「大通」駅で下車。10番出口より徒歩2分。

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP