北海道エリア情報 | じっくり手間と時間をかけて。異なる旨みが次々と 舌の上に花開く「Q」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

Q(キュウ)

q_1_area_hokkaido_1509

清湯(ちんたん) 醤油 730円。新得地鶏で5~6時間かけてだしを取ったスープを一晩寝かせ、さらに昆布、サンマ節、サバ節、煮干しなどの魚介だしと合わせたWスープに中細ストレート麺。複雑に、幾層にも旨みが広がる。

 

 

 

 

q_3_area_hokkaido_1509

人参サラダ「人参サラダ」100円、日替わりの野菜とフルーツを4、5種類使った「日替わりスムージー」100円など、健康的な一品があるのもうれしい。

q_2_area_hokkaido_1509

「北海道にはないような新しいラーメン屋を作りたい」と平岡店主。出身県である兵庫の生醤油と北海道の地鶏にこだわった。

 

 

 

 

じっくり手間と時間をかけて。異なる旨みが次々と 舌の上に花開く

白い塗り壁の空間に、ガラス天板の大きなテーブル。ラーメン屋らしからぬスタイリッシュな雰囲気に、最初は驚くかもしれない。ここ『Q』は昼はラーメン屋、夜は焼き鳥酒場という別々の形態で営業しているユニークな店だ。

「清湯 醤油」と「白湯 塩」の2種が定番で、男性客に人気が高いのが清湯。

まずはその美しい容姿をじっくり愛でてから、澄み切ったスープをひと口。新得地鶏の旨みが一気に舌の上に花開く。さらにサンマ節やサバ節、昆布など魚介だしの風味がふわり。最後に店主・平岡寛視さんの出身地でもある兵庫県産、「末廣醤油」の生醤油の豊かな香りが、たたみかけるようにやって来る。

麺は中細のストレートで、スープとのバランス良好。東京では一般的な清湯スープを、道産食材と兵庫産醤油のコラボで味合わせてくれる。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:小林慧

※2015年9月現在の情報です。

Q 詳細情報

〒060-0001  札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビルB1  (map)

[ TEL ] 011-212-1499

地下鉄「大通」駅より徒歩5分

[ 営業時間 ] 11:00~15:00(L.O.14:50)、

17:00~19:30(L.O.19:10)

※夜の営業は月~水曜のみ、いずれもスープがなくなり次第終了

[ 定休日 ] 日曜

禁煙 カード利用不可 Pなし 

店内22席(テーブル16席、カウンター6席)

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP