北海道エリア情報 | 函館の伝統的な味わいを引き継ぐ煌めく一杯! 「海鮮函館塩らーめん」は舌の肥えた地元客も納得の旨さ!「麺家 鬼平」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

麺家 鬼平

onihei_5_area_hokkaido_1602

onihei_2_area_hokkaido_1602

onihei_4_area_hokkaido_1602

onihei_3_area_hokkaido_1602

onihei_1_area_hokkaido_1602

函館の伝統的な味わいを引き継ぐ煌めく一杯! 「海鮮函館塩らーめん」は舌の肥えた地元客も納得の旨さ!

函館や遠方からも足繁く通う常連客が後を絶たない「らーめん函館武蔵」の、新たな挑戦店「麺屋 鬼平」が開店した。

コンセプトは「肉!肉!!肉!!!」とインパクト大だ。

イチオシのらーめんは「海鮮函館塩らーめん」。ボリュームが大きく食べ応えがある豚ロース肉に、函館の象徴でもある「イカ」を乗せ、スープには旨味たっぷりのホタテエキスやガゴメ昆布の細切りが加えている。そのため、昆布のダシとフコイダンの粘りが溶け込んだスープは、サッパリとしながらもトロリとした舌触りを楽しむことができる。正に函館の風味を一杯に閉じ込めたらーめんと言っていいだろう。

コンセプトを前面に押し出した「肉麺」は、角煮のようなふんわりとした歯触りの特大の豚バラ肉のチャーシューが特徴的だ。かぶりつく毎に豚肉の旨味が染み出し、らーめんをワンランク上の味わいに引き上げている。さらに、オススメメニューは「鬼の目になみだ」という、一風変わった名前のらーめんだ。見た目の赤さから想像するほど辛さはなく、旨味を感じた後にじんわりと辛さが広がっていく旨辛のバランスは秀逸。辛さを求める方には、3倍の辛さにすることができる。その辛さには誰もが"なみだ"するだろう。

らーめん店でありながら、本格韓国焼肉を味わえるのも注目だ。焼肉専用テーブルで本格的なカルビやプルコギ等が堪能できるので、肉好きにはたまらないだろう。アルコール類のドリンクも豊富なので、お酒を飲みながら焼肉を食べ、〆にはらーめんでサッパリと、と1つの店でさまざまな利用ができる。

 

(情報提供:ダテパー

※2016年2月現在の情報です。


麺家 鬼平 詳細情報

〒049-0111 北斗市七重浜4-1-28 (map)

[ TEL ] 0138-85-8882

函館バス桜ヶ丘団地前から徒歩2分

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP