北海道エリア情報 | ユニークな個性派と、基本を押さえた正統派「詩とパンと珈琲 モンクール」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

詩とパンと珈琲 モンクール

moncoeur

バゲットの味わいもしっかりの「サババケット」250円。

moncoeur3

パンは、定番で30種ほどを用意。

 

moncoeur2

店内の一角には詩集や文学作品を収めた本棚が。


moncoeur1

季節の野菜を盛り込んだ「スクエアピザ」250円。

moncoeur5

店は道立近代美術館からほど近い場所にある。

ユニークな個性派と、基本を押さえた正統派

平台にずらりと並べられた、目移りしそうなラインナップ。その中には固定概念にとらわれない柔軟な発想から生まれたものも多く、他では味わえない変わり種パンが、そのまま店の個性として定着している。

我流でパン作りを始めた店主の高橋宏文さんのポリシーは、“食べて美味しいかどうか”に尽きるという。先入観をかなぐり捨てることが、新たな味に出合う喜びへの第一歩。そう実感させてくれるのが、人気商品の「サババケット」だ。生地の中には、グリーンカレーで和えたサバの水煮とタマネギ。程よくスパイシーな風味をまとったサバとバゲットの食感が絶妙にマッチし、不思議と後を引く。

もちろん、素材一つひとつにこだわりを持つことは忘れない。道産素材のみを用いた黒パン、全粒粉と発酵バターで焼き上げるクロワッサン、重曹を使ったアイリッシュソーダブレッドなど、トラディショナルなパンも好評。ジュニア野菜ソムリエの資格を持つ高橋さんならではの、野菜をふんだんに使用したパンも季節ごとに楽しめる。

基本を押さえながらも自由さを忘れないスタンスが、根強いファンを増やし続けている理由のようだ。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:やもとかおる

 

※2014年7月現在の情報です。

詩とパンと珈琲 モンクール アクセス情報

〒060-0003 札幌市中央区北3条西18丁目2-4

[ TEL ] 011-611-3747

地下鉄東西線「西18丁目」駅より徒歩8分

[ 営業時間 ] 11:00~20:00(土曜 9:00~18:00)

日・月曜休 Pなし

イートインスペースあり(8席)

 

●「チサン グランド 札幌」からのアクセス

地下鉄南北線「中島公園」駅より麻生行乗車、「大通」駅で東西線・宮の沢行乗車、「西18丁目」駅下車。徒歩8分

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP