北海道エリア情報 | 道内外の魚好きには垂涎の店 期待を裏切らない魚料理に舌鼓「めんめ」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

めんめ

menme_1_area_hokkaido_1602

チリチリと焼き音を立て、澄んだ脂がしたたり出る「羅臼産メンメの炭火焼」8,000円~。皮はパリッと身はふわふわで驚くほど瑞々しい。釣ったその場で締める「活〆」のメンメは、鮮度を保ちうま味成分を逃さない。値は張るが食べる価値ありの一品。

 

menme_2_area_hokkaido_1602

道外の観光客が、その大きさと味の違いに言葉を失う「羅臼産ホッケの炭火焼」3,000円〜。サイズ、肉厚さ、脂ののり、どれをとっても一級品。

 

menme_3_area_hokkaido_1602

「ニシンのマリネ」750円。撮影時のニシンは酢にさっと漬け込むくらいでは、負けないほど脂がのり、味が濃かった。下ろしタマネギも楽々巻けるほど一切れが大きい。店に入ると飛び込んでくる新鮮な野菜や魚たちと炉端。ライブ感たっぷりに香ばしい匂いが漂えば、どれにしようかオーダーに迷ってしまう。

道内外の魚好きには垂涎の店。期待を裏切らない魚料理に舌鼓

狸小路市場(6丁目)内の飲食店で一番長く営業しているシンボル的存在で、札幌では数少なくなった炉端焼きが楽しめる店だ。ここではカウンター席、できれば素材が並ぶ角の席に座っていただきたい。素材を間近に見てスタッフの説明を聞きながら、あれこれと選ぶのがこの店での醍醐味だからだ。「スタッフはその日の食材を理解し、一番美味しい食べ方をお客さまに提案します。食材の説明はお客さまとの最初のコミュニケーションですので大事にしています」とは店長の加藤雅章さん。

会話から客の好みを知り、食べたものを記憶する。次回、来店した際は、できる限り違うものを提供するよう心掛けている。馴染み客が多いため、良い食材を用意する以上に気を遣うのだと言う。

魚はほとんどの場合、大きい方がうまいということもあるが、道外の客の期待に応えるためにも、揃える素材は「ザ北海道」を感じさせる大きいサイズだけ。平均予算8000円と決して安い店ではないが、それだけの素材を仕入れていることは胸を張って言える。だからこそ素材の良さを邪魔しないように必要以上の手はかけない。シンプルが一番と言うがそれが難しい。例えば、ただ焼いただけなのに、なぜ美味なのかと言えば、微妙な火の通り具合を判断し、細やかに火加減を采配する技量があるからこそ。絶妙な塩加減もいる。焼くだけだからこそ難しいのだ。

魚のお供には日本酒が欠かせない。常時12本ほど用意しているのだが、「かくし酒」というメニューには書いていない日本酒が3、4本ある。品揃えは月ごとに変わるため、ぜひ聞いて堪能してほしい。

 

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:山の内優二郎

※2016年02月現在の情報です。

めんめ 詳細情報

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目 (狸小路市場内) (map)

[ TEL ] 011-241-6810

[ 営業時間 ] 17:00~24:00(L.O.23:00)

地下鉄「大通」駅より徒歩10分

[ 定休日 ] 日曜休 

喫煙可 カード利用可 Pなし

席数52席(カウンター12席、テーブル40席)

平均予算/およそ8,000円

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP