北海道エリア情報 | 3日寝かせたコクと深みに、カレーの奥深さを再発見「さっぽろルウカレー 黒岩咖哩飯店」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

さっぽろルウカレー 黒岩咖哩飯店(くろいわかりーはんてん)

kuroiwa_1_area_hokkaido_1509

日によって内容が変わる「気まぐれカレー」850円。その中でも特に人気なのが、このラムしゃぶカレーだ。スパイシーなルーがラム独特のクセを和らげつつ、旨味をぐんと引き立たせる。こんがりと揚げた野菜の甘みはカレーの辛さによく馴染む。

 

 

 

 

kuroiwa_3_area_hokkaido_1509

ビジネス街に位置するため、昼時にはサラリーマンやOLでにぎわう。一人客にも優しい、全席カウンターの造りだ。一番人気は、やわらかな和豚もちぶたのカツを使ったカツカレー。

kuroiwa_2_area_hokkaido_1509

札幌を拠点に活躍するお笑いグループ「札幌スーパーギャグメッセンジャーズ」メンバーの黒岩さん。リクエストすれば、得意の物真似を披露してくれるかも!?

 

 

 

3日寝かせたコクと深みに、カレーの奥深さを再発見

ルーを口にすると、最初に来るのはボティブローのようにじわじわと舌を刺激する、深みのある辛さ。その後に段々と、ヒリヒリとした刺激的な辛さが追いかけてくる。一度に様々な表情の「辛さ」を体験できる、何とも印象的なカレーだ。

ここ『黒岩カリー飯店』は、ラジオDJやローカルTV番組の司会としても活躍する黒岩孝康さんが店主のルーカレー専門店。かつてはスープカレーの店を営んでいたが、スープカレーブームの陰で美味しいルーカレーの店が減っていることを感じ、ならば自分がとルーカレーへと方向転換した。

8時間かけて仕込んだカレーは、そこからさらに3日間寝かせることで深いコクを出す。ルーの中には「和豚もちぶた」のひき肉が入っているため、食べ応えは十分。

がっつりとカレーを食べて頑張りたい時は、ぜひここへ。

 

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:田名辺篤史

※2015年9月現在の情報です。

さっぽろルウカレー 黒岩咖哩飯店 詳細情報

〒060-0042  札幌市中央区大通西8丁目2-39  (map)

[ TEL ] 011-596-9987

JR「札幌」駅より徒歩8分

[ 営業時間 ] 11:00~19:00(L.O.18:30)

[ 定休日 ] 日曜・祝日

11:30~14:00禁煙 カード利用不可 Pなし 店内15席(カウンターのみ)

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP