北海道エリア情報 | 地元客にも観光客にも愛される、北海道の旬を味わう和食屋

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

和食こふじ

kofuzi1

キンキの煮付けは4,000~6,000円ほどが目安

kofuzi4

「はたはたとタチの汁」1,600円~。


地元客にも観光客にも愛される、北海道の旬の味

昭和44年に狸小路で創業して以来、北海道の山海の幸を味わえる郷土料理の店として親しまれている『こふじ』。


地元のサラリーマンを中心に、道外から出張で札幌を訪れる時には必ず立ち寄る人などで昼夜を問わずにぎわいを見せている。
現在は二代目店主の藤田大策さんが厨房を切り盛りしているが、先代である父親の和久さんもいまだ現役。
毎朝ふたり連れ立って中央卸売市場へと足を運び、その日入った新鮮な食材を直接吟味して買い付けている。

 

この日用意していただいたのは、網走で揚がったキンキの煮付け。
ほぐした身を旨みがたっぷり溶け込んだ醤油仕立ての煮汁によく絡めていただくと、淡泊な中にも適度な脂の乗った味わいが口の中にふわりと広がっていく。
作り置きはせず注文が入ってからその都度炊いているために30分ほどの時間を要するが、それだけ待ってでも味わう価値は充分ある逸品と言っていいだろう。

 

出来る限り地物にこだわった品揃えを心掛けており、「こんなものが食べたい」という要望があれば応じてくれることもあるので、北海道ならではの旬を存分に味わいたいという時には相談してみるといいかも。
ランチタイムの日替わり定食メニューも見逃せない。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:田名辺 篤史

 

※2014年6月現在の情報です。

和食 こふじ アクセス情報

〒060-0002 札幌市中央区北2条西3丁目 バックストーンビルB1

[ TEL ] 011-221-1260

地下鉄「さっぽろ」駅より徒歩5分

[ 営業時間 ] 11:00~16:00、17:00~23:30

日曜・祝日休 Pなし

 

●「チサン グランド 札幌」からのアクセス

地下鉄南北線「中島公園」駅より麻生行き乗車、「さっぽろ」駅で下車。札幌駅前通地下歩行空間3番出口より徒歩2分。

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP