北海道エリア情報 | 明治13年創業の老舗で、元祖石狩鍋を食す「金大亭」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

金大亭

kin4

石狩鍋のコースは3,000円から。

kin5

鮭の切り身はもちろん、あらまで余すところなく使う。


明治13年創業の老舗で、元祖石狩鍋を食す

創業から134年、石狩の歴史を見守る鮭料理の老舗『金大亭』。
建物の最も古い部分は、創業当時の木造建築。高い天井と太い柱が特徴だ。
切り盛りするのは4代目の女将・石黒聖子さん。
よほどの大人数の客でない限りは一人でこなす。

 

さっそく、伝統の石狩鍋をいただく。切り身はもちろん、頭やアラまで余すことなく使っているので、素晴らしい出汁が出ている。
甘めにつくった特製味噌と、キャベツやタマネギから出る甘みが、鮭の旨みを引き出す。鮭は甘めの味と相性がいいようだ。
仕上げにふりかける山椒の香りが、魚の臭みをとり、旨ささらにを引き立てる。
「このような鍋は、この店が最初だったんですよ」と石黒さんは語る。

 

金大亭の創業は明治13(1880)年。新潟県から移住した初代女将が『大黒屋』の屋号で始めた。
鮭漁で繁栄していた石狩で、漁師を相手に何か商売をしようと思い立ち、割烹料理の店を開いたのだという。
以来、この店は代々、女性によって継承される。
鮭の頭から尾の先までを材料にしたさまざまな料理が、ここで考案された。

 

「代々受け継がれてきた石狩鍋の味を変えないようにしています。お客様の、おいしかったという笑顔が一番うれしいんですよ」

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:小林 慧

 

※2014年6月現在の情報です。

金大亭 アクセス情報

〒061-3373 北海道石狩市新町1番地

[ TEL ] 0133-62-3011

中央バス「石狩」バス停から徒歩1分

[ 営業時間 ] 11:00~19:00(要予約)

不定休 Pあり

●「チサン グランド 札幌」からのアクセス

地下鉄南北線「中島公園」駅より麻生行き乗車、「大通」駅で下車。中央バス札幌ターミナルより中央バス「石狩」行き乗車、終点「石狩」下車。

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP