北海道エリア情報 | 「北斗」つながりのオモシロコラボ!「北斗の拳」パッケージの北斗市産米が発売中

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

北斗産ふっくりんこ

hokuto_2_area_hokkaido_1703

hokuto_1_area_hokkaido_1703

hokuto_3_area_hokkaido_1703

「北斗」つながりのオモシロコラボ!「北斗の拳」パッケージの北斗市産米が発売中

北海道南部、渡島半島に位置する北斗市。平成28年(2016)の北海道新幹線開業により、新幹線の最北端駅「新函館北斗駅」を有することでも話題となった町です。

その北斗市で、大正4年(1915)に創業した「澤田米穀店」から、なんともユニークな商品が発売となりました。今月(平成29年2月)14日より発売となったのは、北斗市産“ふっくりんこ”の「北斗の拳コラボレーションパッケージ」。その名も、白米の「ふっくリンこ」、玄米の「種モミじいさん 玄米」。

それぞれ、漫画「北斗の拳」の登場人物である「リン」と「種モミじいさん」をモチーフとした目を引くパッケージで、どちらも300グラム(2合)、税込540円での販売です。

商品のアイディアを考案したのは、澤田米穀店4代目店主の澤田導俊(さわだみちとし)さん。新函館北斗駅には、北斗市の知名度アップのため市民有志により作られた、北斗の拳・主人公「ケンシロウ」の銅像が設置されていますが、その誘致にも澤田さんは携わっていたのだとか。


北斗市は、実は北海道の水田発祥の地。特産物である米をもっと知ってもらおうと、“北斗”にちなんだオリジナルパッケージの製作に踏み出しました。採用した二人のキャラクターは、漫画の中で「食糧危機を救った」という役割を担うことから決定。デザインの提案も自ら行ったそうです。商品の味は、漫画原作者も認める上質さ。

現在は、新函館北斗駅内の「ほっとマルシェおがーる」で先行販売中。今後、購入可能な店舗を増やしていく予定です。澤田米穀店での店頭販売も行っていますが、自店舗では「注文を受けてから精米・真空をかける」という徹底したこだわりが。すぐに持ち帰りできない可能性があるため、澤田米穀店で購入する場合には事前の注文をおすすめします。


今後、「北斗の拳コラボレーションパッケージ」はシリーズとして種類を増やしていくことも検討中とのこと。その第一弾となる今回の商品、ぜひ入手してみてくださいね。

 

引用「たびらいニュース」


北斗産ふっくりんこ 詳細情報

北斗の拳コラボレーションパッケージ
北斗産ふっくりんこ白米(300グラム)/北斗産ふっくりんこ玄米(300グラム)

[ 価格 ] 各540円(税込)
     
[ 販売所 ] 新函館北斗駅内「ほっとマルシェおがーる」

[ 問い合わせ ] 0138-73-2210(有限会社澤田米穀店)

[ 公式サイト ] https://www.sawada-gohan.com/

情報提供

ホテル情報

bnr_top

PAGETOP