北海道エリア情報 | スープのない「台湾まぜそば」だからこそ素材のコラボレーションが旨味を増す「麺屋 臥龍昇天」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

麺屋 臥龍昇天

garyusyouten_1_area_hokkaido_1508

garyusyouten_2_area_hokkaido_1508

garyusyouten_3_area_hokkaido_1508

スープのない「台湾まぜそば」だからこそ素材のコラボレーションが旨味を増す

愛知県名古屋市発祥と言われ、ご当地グルメの座まで上り詰めようとしている「台湾まぜそば」が函館でも楽しめる。小さな路地を入った先にある店は、立地的に目立つ場所ではないが「臥龍昇天」という店名には力強さを感じることができる。本場の「まぜそば」を食べ歩いた店主が、自ら作り上げた逸品を”我流”で作り上げたことから、”臥龍”として店名に入れたそうだ。店内はカウンター席のみで落ちついた空間。そこで、1つ1つ丁寧に作り上げる「台湾まぜそば」は、挽肉と玉子の甘味が麺に絡みつき、がごめ昆布醤油を掛けて食べれば更に味が際立ちクセになる旨さを味わえるだろう。

まだ「台湾まぜそば」を味わったことのない方には、店主オススメの食べ方がある。

・其の一 卵黄と挽肉を軽くまぜ、麺をすするべし!

・其の二 お好みで、がごめ昆布醤油、ラー油、ニンニクを加え、自分好みの味にしてさらに麺をすするべし!!

・其の三 少し具材の残った状態で、シメのご飯を丼に投入しレンゲでかきこむべし!!!

これで「まぜそば」を堪能することができなければ、自己流の楽しみ方を探してみるのも面白そうだ。

美味しい麺を楽しめるのは「まぜそば」だけに限らず、八丁味噌と白味噌をベースに数種類の味噌をブレンドした「昇天味噌らぁめん」も深い旨味が味わえる。お好みに合わせて、麺の堅さやスープの濃さも変えられて様々な好みの方も楽しめるだろう。

 

リピーターも多く函館でも確実に人気を広げている「台湾まぜそば」をぜひ。

 

(情報提供:ダテパー

※2015年8月現在の情報です。


麺屋 臥龍昇天 詳細情報

〒041-0811 函館市富岡町1-22-3 (map)

[ TEL ] 0138-84-5810

函館バス桐花通中央停留所から約徒歩2分

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP