北海道エリア情報 | 奇をてらわず、 当たり前のことを粛々と。 それが長く続ける秘訣「炭火串焼 コロンビア」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

炭火串焼 コロンビア

columbia_3_area_hokkaido_1511

「ぶた精」2本320円は、稀少種の十勝野ポークを使用。ふっくらとジューシーな手挽きしているつくねは左から「特製つくね」2本350円、「チーズつくね」2本390円、「梅しそつくね」2本390円。

columbia_1_area_hokkaido_1511

大正ロマンを意識した電灯や装飾と、建物の歴史とが相まって、しっとりと懐かしい雰囲気の店内。

columbia_4_area_hokkaido_1511

大正ロマンをイメージさせる看板と、ザ・昭和な赤ちょうちん。このネオンに吸い寄せられる。

columbia_2_area_hokkaido_1511

創業者の父・正さんは、シャツにネクタイ姿で炭火に向かう。息子の浩さんとは、あうんの呼吸で切り盛り。

奇をてらわず、 当たり前のことを粛々と。 それが長く続ける秘訣

創業当初は純喫茶だった『炭火串焼 コロンビア』。「創業した親父がコーヒー好きなので純喫茶を営んでいたんですが、この立地ではお酒を出さない喫茶の経営は難しく、平成元年に串焼屋に転身しました。親父がこの場所にこだわったのは、ここが生まれ育った場所だからなんです」と話すのは、創業者の息子の吉中浩さん。浩さんは20年前にその想いを継承しようと勤めていた会社を辞めて2代目となった。

喫茶店のマスターのような父の身なりや店名に、純喫茶時代の名残を感じさせる。

図ったかのように店内がおやぢでいっぱいになる日もあれば、OLだらけの日もあるなど、年齢、性別を問わずに愛されている。

いつまでもこの場所で続けるために、奇をてらうのではなく、確かな素材を丁寧に調理するという当たり前のことを粛々と行いたいと二人は話す。

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:田名辺篤史

※2015年11月現在の情報です。

炭火串焼 コロンビア 詳細情報

〒064-0804  札幌市中央区南4条西4丁目 恵愛ビル1F  (map)

[ TEL ] 011-221-7522

地下鉄南北線「すすきの」駅より徒歩1分

[ 営業時間 ] 17:30~24:00(日曜11:00~、焼鳥は14:00~) 

[ 定休日 ] 不定休 

喫煙可 カード利用不可 Pなし

店内39席

(カウンター13席、テーブル12席、小上がり14席) 

平均予算/およそ2,500円

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP