北海道エリア情報 | 食材を見極める目と、持ち味を活かす調理。 ついついワインが進んでしまう野菜料理を豊富に「brasserie Les Cercles」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

brasserie Les Cercles (ブラッスリー セルクル)

cercles_1_area_hokkaido_1511

「季節野菜のウォーターオイル焼き盛合せ」980円は、道産・国内産の野菜のみを使用。取材日に登場したスティックセニョールや大長ナス、あやめカブなど、珍しい野菜も多い。野菜の味の濃厚さが際立ち、ほんのり効いた塩気もあって、ヘルシーな一皿ながら酒によく合う。

cercles_3_area_hokkaido_1511

バターと塩、ほんの少しのブイヨンで「生から仕上げる究極のコーンバター」850円。取材日は新篠津産のゴールドラッシュを使用。生でもおいしい白コーンも入荷があれば登場。

cercles_2_area_hokkaido_1511

店名の「セルクル」はフランス語で「円」を意味する。オーナーのきむらさんの名前が「円(まどか)」だったため、ハヤシシェフがその名を付けたのだという。

cercles_4_area_hokkaido_1511

フードアナリスト、野菜ソムリエ、ドイツワイン上級ケルナーなど多彩な資格を持ち、食材と料理の魅力を発信し続けているきむら店主。

食材を見極める目と、持ち味を活かす調理。 ついついワインが進んでしまう野菜料理を豊富に

まるで誰かの自宅にいるような居心地の良い空間。毎晩混みあうその店内のキッチンに立ち、料理を一人で担っているのがオーナーのきむらまどかさんだ。

デリカ、野菜料理、スープ、魚料理、肉料理、パスタ、ピザなどメニューは多彩で、主食以外はほぼ1,000円以下というリーズナブルさ。使っている野菜はすべて道産・国産で、きむらさんが中央卸売市場に出向き、自分の目で選りすぐってきたものだ。さまざまなメニューがある中で、特に人気なのが「季節野菜のウォーターオイル焼き盛合せ」。約10種類の季節野菜に、水と油を乳化させた霧吹きをかけ、300~400℃の高温で一気にオーブンで焼き上げる。味付けは塩コショウのみで、お好みでオリーブオイルをつけながら食べるのもよし。旬の新鮮野菜ならではの濃厚な味わいに、改めて驚かされる。

店は12月で4周年を迎えるが、開店当初、料理を担っていたのは故ノブ・ハヤシシェフだ。きむらさんは彼の腕に惚れ込んでこの店を作ったオーナーである。しかし開店1周年を目前にしてシェフは急逝。悩みぬいた末に、彼の手法や考え方を踏襲しながら店を続けることを決意した。

ウォーターオイル焼きをはじめ、メニューの多くは彼が残してくれたものである。今もシェフがいた頃と変わらぬほど、いやそれ以上に、この場所を愛し、足を運ぶファンが増え続けている。

 

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:小林慧

※2015年11月現在の情報です。

brasserie Les Cercles 詳細情報

〒0064-0805  札幌市中央区南5条西5丁目 ジャパンランドビル3F  (map)

[ TEL ] 011-561-5230

地下鉄南北線「すすきの」駅より徒歩3分

[ 営業時間 ] 18:00~翌1:00(L.O.24:00)

[ 定休日 ] 日曜・祝日休(時に不定休あり) 

禁煙 カード利用可 Pなし 平均予算/およそ5,500円

店内18席(カウンター10席、テーブル8席)

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP