北海道エリア情報 | 牛・鶏・豚の3種類から選べる 手間暇かけたこだわりルーカレー「加哩屋 梵」

北海道エリア情報『どさんこインフォ』

HOKKAIDO

加哩屋 梵(ボン)

bon_1_area_hokkaido_1511

ビーフカレー 880円(写真はロースカツトッピング+290円、十八穀米+30円)。まろやかな中辛の欧風ルーに、トロトロに煮込まれた塊ビーフの存在感が光る。トッピングはロースカツ以外にもエビ、野菜、チーズなど種類豊富。ライスは30円追加で白米から十八穀米に変えられる。食後にアイスクリームのサービスも。

bon_3_area_hokkaido_1511

店内は、カフェのように明るく清潔感のある雰囲気。新琴似の姉妹店『kenon』のドーナツやベーグルの販売も行っている。

bon_2_area_hokkaido_1511

2012年のオープン当初から、3種類のルーの仕込みを一人でこなしている佐竹さん。それぞれ6時間ほどの時間を費やし、手抜かりのない味に努める。

牛・鶏・豚の3種類から選べる 手間暇かけたこだわりルーカレー

『カ哩屋 梵』では、一から作り方を変えた3種類のルーカレーが楽しめる。フォンドヴォーと赤ワインで味を調えるマイルドな欧風タイプのビーフカレー、トマトベースにバターと生クリームでコクを出したインドタイプのチキンカレー、そして野菜とフルーツの甘みとがスパイスの風味を引き立てるポークカレー。いずれも一匙口へ運べば、じっくりと手間暇をかけて仕込まれていることが分かる深い味わいだ。

「お客様は初めての来店から最低でも3回足を運んで、一通り味を試されるパターンが多いようです」と語るのは、オーナーの佐竹和文さん。それぞれに固定ファンがいるというこだわりのルーは、とろけるような口当たりながら塊感もしっかりキープした肉がゴロゴロ入っているのもうれしい。

好みでトッピングをプラスすれば、ボリュームも満点。

情報提供:あるた出版 月刊誌O.tone

撮影:小林慧

※2015年11月現在の情報です。

加哩屋 梵 詳細情報

〒0064-0805  札幌市西区二十四軒1条4丁目3-12 興発ビル1F  (map)

[ TEL ] 011-624-722

地下鉄東西線「二十四軒」駅より徒歩1分

[ 営業時間 ] 18:00~翌1:00(L.O.24:00) 

[ 定休日 ] 日曜・祝日休(時に不定休あり) 

禁煙 カード利用可 Pなし

店内18席(カウンター10席、テーブル8席) 平均予算およそ1,000円

 

ホテル情報

hokkaido_bnr

PAGETOP