中国・四国エリア情報 | 「烏城」とも呼ばれ親しまれる漆黒の名城「岡山城」

CHUGOKU / SHIKOKU

中国・四国エリア情報

岡山城

okayama-castle_1_area_chugoku-shikoku_1502

okayama-castle_2_area_chugoku-shikoku_1502

okayama-castle_4_area_chugoku-shikoku_1502

okayama-castle_5_area_chugoku-shikoku_1502

okayama-castle_3_area_chugoku-shikoku_1502

「烏城」とも呼ばれ親しまれる漆黒の名城

豊臣政権下の五大老の一人・宇喜多秀家が秀吉の指導を受けて築城したと伝えられる「岡山城」。

天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けるこの時代の特徴から、外観が黒く、別名「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。

 

天守閣は三層六階建ての望楼形で、1945(昭和20)年の空襲で焼失しましたが、その後1966(昭和41)年に再建されました。

現在は岡山城にまつわる歴史的資料などが展示されているほか、1階の備前焼工房では土ひねり体験、2階の城主の間ではお殿さまやお姫さまの衣装の着付け体験もできます。

また最上階からは眼下に旭川、その向こうに日本三名園のひとつ「後楽園」、そして岡山市街の風景を360度のパノラマでお楽しみいただけます。

 

城跡は烏城公園として整備されており、春にはお花見、夏には漆黒の岡山城が幻想的にライトアップされる「烏城灯源郷」、秋には「おかやま菊花大会」「戦国の貴公子 宇喜多秀家☆フェス」、お正月には「烏城初夢まつり」など、年間を通して様々なイベントも行われています。

 

(情報提供:itot

※2015年2月現在の情報です。

岡山城 詳細情報

〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1 (map)

[ TEL ] 086-225-2096

[ 観覧時間 ] 9:00~17:30(入館は17:00まで)

[ 休館日 ] 12月29日~31日

PAGETOP