中国・四国エリア情報 | 世界の恒久平和への願いをこめて「平和記念公園」

CHUGOKU / SHIKOKU

中国・四国エリア情報

平和記念公園

heiwakinenkouen_5_area_chugoku-shikoku_1502

heiwakinenkouen_1_area_chugoku-shikoku_1502

heiwakinenkouen_3_area_chugoku-shikoku_1502

heiwakinenkouen_4_area_chugoku-shikoku_1502

heiwakinenkouen_2_area_chugoku-shikoku_1502

世界の恒久平和への願いをこめて

「平和記念公園」は広島市の中心部にある広大な公園で、世界の恒久平和への願いを込めて建設されたものです。

このあたりは城下町時代から昭和初期までの長い間、広島市の中心的な繁華街だった場所。1945(昭和20)年8月6日午前8時15分に人類史上最初の原子爆弾が投下されるまでは、多くの人が暮らしていたところなのです。

 

戦後、爆心地に近いこの場所に記念公園がつくられることが決定され、1949(昭和24)年8月6日に公布された「広島平和記念都市建設法」に基づいて整備が行われました。

公園内には、かつての広島県産業奨励館を被爆当時のまま残している世界遺産「原爆ドーム」、原爆投下当時の広島の様子を展示した「広島平和記念資料館」、2002年に国によって建設された「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」などの施設のほか、千羽鶴の塔とも呼ばれている「原爆の子の像」や、『安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから』と刻み込まれた「原爆死没者慰霊碑」など数多くのモニュメントも建てられています。

(情報提供:itot

※2015年2月現在の情報です。

平和記念公園 詳細情報

〒730-0811 広島県広島市中区中島町、大手町一丁目 (map)

[ TEL ] 082-504-2390(都市整備局緑化推進部緑政課)

PAGETOP