中国・四国エリア情報 | 外はカリッ、中はフワッの「府中焼き」の元祖「古川食堂」

CHUGOKU / SHIKOKU

中国・四国エリア情報

古川食堂

furukawa_3_area_chugoku-shikoku_1505

furukawa_2_area_chugoku-shikoku_1505

furukawa_1_area_chugoku-shikoku_1505

furukawa_4_area_chugoku-shikoku_1505

furukawa_5_area_chugoku-shikoku_1505

外はカリッ、中はフワッの「府中焼き」の元祖

広島県府中市で昔から愛され続けてきた名物「府中焼き」。いわゆるお好み焼きなのですが、ミンチ(挽肉)を使う点が、府中焼きならではの一番の特徴です。ミンチから出る脂で外はカリッと、中はふんわりと焼き上がり、後口もあっさりしているので女性や少食の方でも一枚ぺろりと食べられそうです。

この府中焼きの元祖といわれているのが、こちらの「古川食堂」です。1959(昭和36)年開店の老舗のお店で、50年以上にわたって地元で愛され続けている〝おふくろの味”には、世代を超えて多くのファンがいます。

古川食堂には人気オリジナルメニューとして「赤ゴジ」というものがあります。これは唐辛子を練り込んだピリ辛麺を使ったもの。辛党の人はぜひお試しください!

てきぱきと絶妙なタイミングで美味しく焼き上げられた府中焼きもさることながら、創業以来ダシを足し続けて大事に守り継がれてきた「おでん」も人気です。

 

(情報提供:itot

※2015年5月現在の情報です。

古川食堂 詳細情報

〒726-0000 広島県府中市府中町898-1 (map)

[ TEL ] 0847-41-4401

[ 営業時間 ] 11:00~21:00(L.O.20:15)

[ 定休日 ] 水曜(祝日の場合は翌日休)

PAGETOP