中部・北陸エリア情報 | 関ヶ原の戦いともゆかりの深い歴史スポット「大垣城」

中部・北陸エリア情報

CHUBU / HOKURIKU

大垣城

ogakijyo_1
ogakijyo_2

関ヶ原の戦いともゆかりの深い歴史スポット

城下町・大垣のシンボルとして人々に親しまれている「大垣城」。

美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定によって1535(天文4)年に創建されたと伝えられ、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地になったことでも知られています。

四層四階建ての優美な天守は1936(昭和11)年に国宝に指定されましたが、1945(昭和20)年に戦災で焼失。現在の天守は1959(昭和34)年に再建されたものです。

1階は関ケ原合戦と大垣城に関する展示コーナーとなっており、当時の戦国武将たちの資料などを見ることができるほか、火縄銃や槍・弓のレプリカを手に取って体験することもできます。

また2階は武士と庶民の文化や生活に関する展示コーナーで、当時の様子がジオラマや地図資料で紹介されています。

4階には展望室もあります。

さらに大垣城本丸、二の丸跡は「大垣公園」として整備されており、緑豊かな憩いスポットとなっています。

子どもたちに人気の大型複合遊具や広い芝生広場などもあり、家族で一日たっぷり遊べそうです。

夜にはライトアップされた天守が闇夜に浮かび上がる幻想的な光景もぜひお楽しみください。

(情報提供:itot

大垣城 詳細情報

〒503-0887 岐阜県大垣市郭町2丁目52番地 (map)

[ TEL ] 0584-74-7875

[ 営業時間 ] 9:00~17:00(入館は16:30まで)

[ 定休日] 年末年始(12月29日~1月3日)

近隣ホテル情報

PAGETOP