中部・北陸エリア情報 | 名古屋の味を守り続けて140年、「ひつまぶし」の老舗「あつた蓬莱軒 本店」

中部・北陸エリア情報

CHUBU / HOKURIKU

あつた蓬莱軒 本店

houraiken_1
houraiken_2

名古屋の味を守り続けて140年、「ひつまぶし」の老舗

明治6年創業以来、約140年にわたって熱田神宮の近くで営業を続けている「あつた蓬莱軒」。

今では名古屋名物としてすっかり定着している「ひつまぶし」ですが、実はこの「ひつまぶし」はあつた蓬莱軒の登録商標なのです。

大きなお櫃(ひつ)で鰻とごはんをまぜる(まぶす)、これがひつまぶしの名前の由来です。

明治末期頃に、蒲焼きにした鰻をのせたご飯を、お座敷で女中さんが大きなお櫃から小分けしてお客様に召し上がっていただいたのが好評で、いつしか看板メニューになったのだとか。

最高級の備長炭で香ばしく焼き上げる職人の技、創業当時から継ぎ足し140年分の旨みが溶け込んだ秘伝のタレなど、あつた蓬莱軒のひつまぶしはぜひ一度はご賞味いただきたい絶品料理です。

1膳目はそのままうなぎの味を、2膳目は薬味を加えて、3膳目はお茶漬けにして、最後までいろいろな味をお楽しみください。

ひつまぶしがあまりにも有名ですが、それ以外の単品メニューや会席料理なども用意されています。

 

(情報提供:itot

あつた蓬莱軒 本店 詳細情報

〒456-0043 愛知県名古屋市熱田区神戸町503 (map)

[ TEL ] 052-671-8686

[ 営業時間 ] 11:30~14:00(L.O)、16:30~20:30(L.O)

[ 定休日] 水曜日(祝日は除く)

近隣ホテル情報

PAGETOP